最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「グルメ・クッキング」の記事

デンジャラスな季節の到来……!!

Dsc_0331

Dsc_0332

Dsc_0325

日替わり桜スイーツ✨

『桜風味』というだけで、どうしてこんなに心が躍ってしまうのか……(;´∀`)

オレ様レシピ*柚子オリーヴ油

年末に実家で柚子をもらってからというもの、ハマり続けている柚子オリーヴ油!

その名の通り、刻んだ柚子の皮をオリーヴ油に漬けるだけなのですが、これが大変便利です(≧▽≦)

柚子の皮を漬ける時に塩を足すと、これひとつで調味料に!

白菜の浅漬けやサラダドレッシング代わり、豆腐にかけても美味しい!(^^)!

Dsc_0324 

軽くレンチンした春菊を、柚子オリーヴ油と大根おろしで和えてみました。

おかずにも酒のつまみにもイイ(・∀・)

 

さらに進化させて、味噌と合わせてみましたら……これがもう……!!!

Dsc_0298

小ぶりのエリンギを丸ごと、ごま油で表面に焦げ目をつけてから蒸し焼き。

柚子オリーヴ油味噌をからめる。

ごまと柚子の香りが立って、めっちゃウマ(≧▽≦)

エリンギの歯ごたえもバツグンです!

Dsc_0302

同じくごま油で表面に焦げ目をつけてから蒸し焼きしたカブとニンジン。

 

柚子オリーヴ油味噌、普通に生のきゅうりにつけてももちろん美味しい!

今回、豆粒が残り気味の白みそを使ったので、それも合ってたのかも。

ともかく簡単美味しい柚子オリーヴ油、ぜひお試しあれ~!

……ちょっと柚子高いケドね💦

 

オレ様レシピ*カーボロネロ!

どうもここのところ糖質過多な食生活になっているので、家から少しと言っても結構歩く野菜直売所へ頑張って行ってみました。

ら、カーボロネロ発見!(。◕ˇдˇ​◕。)/

イタリア原産のキャベツの仲間で、以前ヨーロッパ野菜セットとかいうのに入っているのを食べたことがあるのですが、このへんのお店で売られているのを見たのは初めて。

なので、即買いしました(笑)

Dsc_0211

カーボロネロ、キャベツの仲間と言っても生食いには向かないので、一緒に連れ帰ってきた紫カリフラワーと炒めることにします。

 

1)紫カリフラワーを小房に分ける。今回はジャガイモ、メイヤーレモンも一緒に炒めるので、それぞれ適当な大きさに切る。

2)フライパンにオリーブ油を多めに敷いて、1)を投入。

3)カーボロネロを適当な大きさに切って、2)の上へ載せる。

  本当は太い茎を取り除いて、葉っぱだけにすると食べやすいそうですが、我が家はまんま使います(笑)

4)塩、フェンネルの葉、カルダモンパウダー、ピンクペッパーを適当に振りかけ、火を付けたらフライパンに蓋をします。中火くらいかな。

5)2分くらい加熱したら一回中身を混ぜ、蓋を戻して弱火に。蓋に水滴がびっしりついたら火を止めて、後は10分くらい放置して完成。

 

Dsc_0212

美味しい~~~!(*´ω`*)

カーボロネロ、加熱しても柔らかくはならないのですが、この色味の良さは比類ないです。

葉っぱがクシャッとしないので(要するに硬いんだけど)見栄えがいいv

紫カリフラワーは熱を入れるとやっぱり色が抜けちゃってちょっと残念ですが、ホロッとした食感で美味しいです。

野菜直売所、そんなに安くはないですが、たまにこういう変わったお野菜を置いてあってテンション上がりますね(*^▽^*)

ここんとこ面倒がって晩飯ポテチ(以上)みたいになっていたので、これを機に自炊生活に戻そう。。。

ポポー!!

この1か月くらい肉食獣と化していたのですが、どうにも腸の具合がよろしくなく、8月31日野菜の日をきっかけに菜食へ戻そうと、久しぶりに近所と言っても結構歩く産直野菜売り場へ行ってみました。

そこで発見したのが……

Dsc_0161

ポポー!!!

え、なにポポーって? なんか名前可愛すぎるんだけど!?

なになに? 

「ポポーはチェリモヤやアテモヤなどと同じバンレイシ科の果物で……」って、すでにそのチェリモヤ・アテモヤが判らんがな(;´・ω・)

とりあえず生で喰えるようなので、いただきまーす!

Dsc_0163

↑ 切るとこんな感じ。

Dsc_0164

↑ スプーンですくって食べる。

ん~、食感はマンゴー?

味は、メロン……とかが近いのかな。酸味はなく、甘いです。

結構繊維多め。

あと、ビワみたいな種がゴロゴロ入っているので、可食部少ない(・_・;)

ダイス状態で食べられたら、もっと美味しい気がする……。

誰か品種改良で種なしとかつくってくれないかな(笑)

皮には無農薬で栽培できるほど殺虫成分が大量に含まれているらしいのですが、そのせいか、頑張って皮近くまで食べるとちょっと渋いです。

食べた後に喉がイガイガするので、アレルギー体質のひと要注意。

 

とゆーワケで、美味しいけど、2度3度買うかな~と言ったら買わないかも(^^;)

いや、も少し可食部が増えれば判んないケド!(笑)

でも流通が難しいらしく、生産地近くでしか売られていないそうなので、見つけたかたは一度試してみてください♪

 

……あ、野菜買ってくんの忘れた。。。

 

オレ様レシピ*カラーピーマンを食す!

カラーピーマンなるものを入手いたしました!

Dsc_0154

一見パプリカのように見えますが、ピーマンだそうです。

黒いパプリカは食べたことあるけど、黒いピーマンは初めて✨

増してや白いピーマンってなによ!?(≧▽≦)

どうせならこの色味も楽しんでいただきたい!

となると、やっぱ蒸し焼きか?

肉詰めも美味しそうだけど芸がないので、水抜きした豆腐を詰めてみることにしました(・∀・)

 

1)ピーマンを縦半分に切る。

  種とかワタとか取り除く。

2)塩振ってキッチンペーパーに包んで一晩置いておいた豆腐を、しゃもじで崩す。

  味付けに『アチャール』なるインド料理用のピクルスを使ってみた。

  このアチャール、基本カレーっぽいんですが、野菜やマンゴー(?)の旨味があって、大変美味しい。

  調子乗ってシリーズ全フレーバー集めちゃって、消費が追いつかないので、ちょいちょいいろんなものに使ってます(^^;)

  今回使ったのは ↓ ベジタブルピクルスv

 


 

3)味付けした豆腐の中に、食感を出すため、ひまわりの種やクコの実などの入ったミックスナッツを投入。

  よく混ぜる。

4)半分に切っておいたピーマンに3)を詰め詰め。

5)ラクレット風味のスライスチーズを4)の上に載せる。

  もはやヘルシーにしたいのかしたくないのかよく判りませんな(^^;)

6)グリル網の上にアルミホイルを敷き、5)を並べたら、弱火でチーズに焦げ目が付くまで焼く。

  いい感じに焦げたら火を止め、そのまま10分くらい余熱を加えてできあがり✨

 

Dsc_0155 Dsc_0157

お!?

これは……なんだかとってもピーマンがジューシーです(≧▽≦)

味は確かにピーマンですが、苦手な方も多い苦みはまったくなく、肉質もとても柔らか~♪

豆腐のアチャール和えも、めっちゃ美味い!

ミックスナッツの食感がまたうまく活きてます。

豆腐のアチャール和えは、野菜ディップやパンに挟んでも美味しい気がする💗

ただ黒いピーマンは、加熱したら普通の緑のピーマンになってしまったので、そこだけ残念(´・ω・)

素揚げとかにしたら色残るのかしらね?

 

てなワケで、カラーピーマン、めっちゃ美味いので、どこかで見かけたらぜひお試しください。

そして私は、次はアチャール、なにに使おう……?(笑)

なんでもない日のごちそう

頂き物のスモークサーモンが超絶美味しかったので、もう1袋は何か特別な日に食べようと冷凍庫に入れ、特に祝い事もないまま賞味期限を過ぎ……。

とゆーワケで、お家で豪華ランチ2連ちゃん!

Dsc_0127 Dsc_0131

 

なんでもない日に食べても、スモークサーモン美味し!

賞味期限過ぎてても美味し!!(^^;)

時の流れに身をまかせ……

パン屋さんでバゲットが安くなっているのを見つけたので、久しぶりに買ってみました(*'▽')

いつだったか、恵比寿のパン屋さんの前で食べた焼き立てバゲット美味しかったな~、なんて思い出しながら口に入れ……

 

 

……あかん、これ、歯がヤバイ💦

 

――フレンチトーストにしていただきました(*´Д`)

いや、それはそれで美味しかったけど……!(笑)

時の移り変わりって、ザ ン コ ク。。。。。。

甘い罠

Dsc_0027-2

夏からこっち、あまり食欲がなかったということもあって常に食卓に果物のある生活を送っていたら、久しぶりにつけた家計簿でエンゲル係数がエライことになっとりました💦

う~ん、やっぱフルーツ、贅沢品!(*´Д`)

でもスキ✨

オレ様レシピ*ナスを食す!

ただ今我が家は、絶賛ナス祭中です(*'ω'*)

 

<白ナスとオレンジビーツ、シャドウクイーン(たぶん)の蒸し焼き>

1)白ナス(トルコナス)を櫛型にカットし、色止めのため熱したオリーブ油で皮目だけ加熱。

  一旦ナス回収。

2)適当に乱切りしたオレンジビーツと紫色のジャガイモ、枝豆を、1)のフライパンに放り込む。

  我が家はただ今スパイス類が枯渇しているので(汗)イタリアンハーブソルトなるもので手軽に味付け。

  自分で調整する場合は、塩、黒胡椒、バジル、にんにく、あればレモンピールなどで味付けするといいかと思います(^^)

  強火でサッとかき混ぜたら、蓋をして弱火に。蒸し焼きにする。

  Img_0325-2

  枝豆は、別に塩ゆでしたものをばらして入れてもいいですが、莢ごと蒸し焼きしたほうが歯ごたえ絶妙♪

  食べる時には莢をはずすので、指がオイリーになってしまうのが難ですが(^^;)

3)具材に火が通ったら、1)で取り出した白ナスを投入。

  ザッとかき混ぜて、蓋をしてさらに蒸し焼き。ナスの実が透き通ったらできあがり!

  Img_0332-2

 

ナスがとろ~っのジャガイモほくほく、ビーツと枝豆が程よい歯ごたえで美味し!

最後にレモン汁を搾ると、より爽やかです(^^)

これ、このままレトルトのキーマカレーの具にしても美味しかったですよ♪

時間が経つと、せっかく綺麗なオレンジ色のビーツにジャガイモの紫が移ってしまうので注意です(汗

 

<ナスで肉を喰う・その1>

1)白ナス(ラテ)を縦に6等分にし、やはり薄めの縦長にスライスしたニンジンを乗せて薄切りロースを巻き巻き。

2)フライパンに1)を乗せ、強火で肉の表面に焼き目を入れる。

3)焼き肉のたれを2)に回しかけ、蓋をして、ナスが透明になるまで蒸し焼き~。

  Img_0342-2 Img_0339-2

うまっ!

焼き肉のたれの辛みが、ちょうどいい具合です(^^)

マスタードやバルサミコ酢をひとっ垂れさせても美味いです♪

ニンジンの代わりにトマト並べても、きっと美味いな。

 

<ナスで肉を喰う・その2>

Img_0346-2

夜7時過ぎのスーパーで半額になっていた高級肉!

そしてゼブラです。

Img_0344-2

この美しい紫!

なのに……冷蔵庫で保存していたら低温焼け?しちゃったみたいで、裏側半分茶色くなってしまった……(;_;)

なので、もう色を残すことは意識せず、普通に焼きます(笑)

 

1)フライパンを熱し、藻塩少々を振った肉の表面に軽く焼き目を入れる。

  一旦取り出します。

2)ナスを縦に半分、さらにそれを横に半分にし、1)のフライパンに入れる。

  一応皮のほうから、肉から出た油で加熱。

3)皮目のほうに火が通ったら、表面に塩を振り、その上に1)の肉を乗せる。

  付け合わせ用の枝豆も一緒に入れ、蓋をして、ナスの実が透明になるまで蒸し焼き。

  Img_0347-2

 

うっま!!!!

なにこれ、ナスとろっとろ!(; ・`д・´)

Img_0350-2 Img_0351-2

口の中で蕩ける~~~~~vvvv

ゼブラ、前にも1度食べたことがあるはずなのですが、こんなに蕩けて美味いとは!

もしかしたら肉の油が滲みたせいかもしれません。

でも、ぶっちゃけ……私はナスだけで喰いたい(^^;)

どうも私、お肉じょうずに焼けないです。。。。

もっと上手く料理すれば、この肉絶対美味いのにな……(。-_-。)しょぼん

 

ちなみにゼブラ、薄切りにして、つゆの素とごま油とお酢でレンチンしても、めっちゃ美味いです!

次回は、綺麗な色味を活かした食べ方を模索したいと思います!

オレ様レシピ*丸ナスの豆腐詰め

まるっこくて可愛いナスを入手しました!

Img_0323

イタリア丸ナス(ビステッカ)いうらしいです。

ステーキや田楽にするととろっとして美味いそうですが、どうせなら可愛いフォルムのまま食したい……。

というワケで、冷蔵庫にある水抜きした豆腐を詰めてみることに。

 

1)豆腐に塩を振り、キッチンペーパーで包み、半日から2日(このへん好みで)冷蔵庫で寝かせておく。

2)ナスの頭を切り落とす。後で蓋にするので、適度な厚さにするのがよいかと。

  中身をくりぬく。

3)1)の豆腐と、食感を出すため手近にあったクルミを混ぜ混ぜ。2)の中にぎゅぎゅっと詰める。

Img_0324-2

↑冷蔵庫に塩ゆでした枝豆が残っていたので、ついでに入れてみました。

4)蓋と一緒に電子レンジで6分くらい加熱。ナスが硬すぎるようなら、適宜時間を追加で。

5)4)の上にピザ用チーズをトッピングし、オーブントースターで7分くらい焼いたらできあがり~♪ 

Img_0328

見栄えと栄養価を考え、今回は薄くスライスしたオレンジビーツと枝豆を飾ってみました(*'ω'*)

Img_0329 Img_0330

豆腐の水分を吸っちゃったのか、予想よりもナスが水っぽいですが、その分柔らかくてジューシー。

中身が豆腐なので、暑さで食欲のない時でも、あっさり食べられます(^^)

クルミと枝豆のおかげで、飽きも来ないですよ!

私は豆腐を水抜きした時の塩分だけで食べちゃいましたが、もう少し塩気が欲しい方は、3)の手順の時に味付けするといいと思います。

ぎゅうぎゅう詰めたせいか、意外と豆腐とナスがうまく密着。

でも最後の方はやっぱりこぼれてくるので、ナイフとフォークと時々スプーンを駆使して召し上がれ☆

より以前の記事一覧