最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「グルメ・クッキング」の記事

綺麗な食い物が好きである。

スーパーで変わったジャガイモを入手!


Dscf4781


※ナマコではありません。


紫の方が『シャドークイーン』、サツマイモ擬態の方が『ノーザンルビー』言うらしい。


中も鮮やか~✨


Dscf4783


綺麗な色味のまま食べたいので、ベタですがマッシュポテトにしてみました(^^)


どちらも適当な大きさに切ったものをタッパに入れ、ココナッツオイルとヒマラヤピンク岩塩を適当に振ってレンチン!


Dscf4784


おお~、加熱してもキレイ✨✨


ノーザンルビーにはタルタルソース少々と、菊の花びらの塩漬けを混ぜ混ぜ。


シャドークイーンの方には、ミックスナッツとクコの実、バルサミコ酢を少々。


バルサミコ酢、いろんな種類がありますが、私は『グロソリ/アチュート・バルサミコ・ディ・モデナ』ちゃらいうのがコクがあって好きです(笑)


 


Dscf4785


ノーザンルビーは水気が多く、滑らかな舌触り。


微かに甘みがあるかな?


シャドークイーンは、ほくほくしていて、ジャガイモ!って感じ。


どちらも美しく美味しいイモでございました~。


甘くしてスイーツでも楽しめそう❤


どこかで見かけたらお試しください(^^)

五家宝deケーキ♪ その2

五家宝をたくさんいただいたので、今回もリメークしてみました(^^)

(※前回の記事はこちら♪)

1)五家宝をタッパに敷き詰め、アーモンドミルクと芋焼酎でひたひたにする。

2)冷蔵庫で1日置く。←ポイント!

3)粉寒天を適量のお湯でよく溶かし、さらし餡を投入。量は甘さのお好みで。

  滑らかになるまで混ぜたら、火を止める。

4)冷蔵庫で寝かせた2)の上に、そーっと3)をかける。

  粗熱が取れたら冷蔵庫へ。

 

Dscf4343

おお~っ、今回は見た目も綺麗にできたぞ

(お皿に移す時に、ちょっと下が崩れちゃいましたが

前回は寒天を流し入れた時にきなこが浮いてきちゃって、結果見た目がイマイチになっちゃったんですが、五家宝をミルクとお酒に浸してから1日置いたのが功を奏したようです(^^)

もうこれ、五家宝メーカーさんには怒られそうですが、ホントに美味い

彩りに載せた菊の花びらの塩漬けも、いいアクセントに

メーカーさんに申し訳ないのであまりお勧めはできませんが(汗)、ちょっと変わった五家宝を食べたくなったら、ぜひお試しあれ

花を食す。

前からずっと気になっていた『エディブルフラワー』。

小さなケースに入ってお安く売られているのをスーパーで見つけたので、試してみました。

Img_20180903_121531 Img_20180904_090720 Img_20180904_134708

ヨーグルトに、サラダに、月見団子にも(笑)

パラッと載せるだけで、あらキレイ

味は、花だけを食べれば少し苦味を感じますが、他のものと一緒に食べる分にはまったく判らないです(お花の種類によるそうですが)。

実は結構、栄養もあるらしい。

手軽に使えて、舌も目も身体も嬉しい1品がつくれるとは、なんてブラボー!

でも、使う前に洗わないといかんかったらしい

ケース入りだったので、そのまま載せてしまったのですが……写真撮ってる間に花の中から「にょろっ」とされました

農薬を使っていない証拠ですね!(^^;)

 

皆さんも食べる時には、よ~く洗ってくださいね(笑)

あわび茸って、なんだ!?

出先で八百屋さんを覗いてみたら、謎のキノコを発見!

なにこれ、こんなキノコ見たことないよ、かわいいよっ!

ってことで、連れ帰ってきちゃいました(笑)

Img_20180901_201404

あわび茸』いうそうです。

あわびのようなコリッとした歯ごたえが名前の由来だそうですが、触った感じでは柔らかくてふ~わふわ

指でしばらくふにふにしていたいほど

 

せっかくかわいいので、今回もまずはまるごと塩振って蒸してみました(笑)

Img_20180903_084446

く……ちっちゃくなっちゃった

味は普通にキノコです。

食感は柔らかくて、笠のふわふわ感がハンパないです

コリコリは……してないな(^^;)

ヒラタケとか舞茸に似てる感じ?

上からかけたごまだれともよく合って、美味いです

 

しいたけなど他のキノコと、ブロッコリーを入れて炒めてもみました。

Img_20180831_182755

ごま油と麻辣ペッパー、お酢少々で味つけ。

あわび茸、結構味が滲みて美味い~~!

……でもやっぱりコリコリはしてないな

 

最後はキノコづくしアヒージョ風に。

Img_20180901_204825

くっはぁ、美味し!!

同じキノコでも種類によって食感が異なるので、飽きずに食べられます。

あわび茸もしいたけもふ~わふわ

 

ってことで、私の食べたあわび茸は柔らかかったです(^^;)

むしろそのふわふわ食感が、私的にはお気に入り

たぶん天ぷらにすると、ふわふわ感が際立って、かなり美味いのではないかと。

キノコでコリコリ系は、エリンギに任せておけばいいでしょ(笑)

あまり頻繁にお店で見かける感じはしませんが、もし見つけた時にはお試しくださいませ(^^)

 

ただ1点……加熱後はあまり判りませんが、生の状態時には匂いがかなりキツイです

ダメな人はダメかも

嗅いでみてから買ってくださいね

オレ様レシピ*七夕そうめん

七夕なぞ祝わなくなって久しい我が家。

こういう行事の忘却から、環境破壊や文化の衰退って始まるんだよなー……などと反省してみたりもして、とりあえず七夕の行事食らしいそうめんだけでも喰っておくことにしました(^^;)

でも実は、ワタクシそうめんよりも冷麦派。

普通のそうめんにはあまり魅力を感じないんだよな~

とゆーことで、ちょっと変わったそうめん、考えてみました。

 

1)お好みの野菜の千切り、クラッシュナッツを用意。

  今回は前もってつくってあったキャベツのマリネと、くるみを使用しました。

2)茹でたそうめんの水気を切ってボウルに入れ、塩少々、オリーブオイル、お酢と、昆布の佃煮で味をつけ、1)を加えて和える。

3)ライスペーパーに葉物野菜を敷き、上に2)を載せて包んだらできあがり!

Dscf3621

奈良時代頃の宮中では、七夕行事のひとつとして相撲節会があったらしいという話を聞いたので、海苔でふんどしをつけて力士風に仕上げてみました(笑)

あっさりしすぎのそうめんも、こうすると適度にオイリーで野菜もたっぷり食べられます

ライスペーパーに包むのが面倒な場合は、2)の行程で食べちゃっても美味しいです

 

笹飾りまではアレだけど、気分だけでも七夕ろうとお考えのみなさん、ぜひお試しください(^^)

オレ様レシピ*れんこんとアスパラのきんぴら

なるべく旬のものを食べるようにしてはいるのですが……なんかレンコンが安かったのさ!

そしてレンコンと言ったら、やっぱきんぴらでしょ!?

とゆーワケで、冷蔵庫にいたアスパラも一緒にきんぴらってみました(笑)

Dscf3610

1)れんこんを大きめのささがきに切る。アスパラは、今回細いタイプのものを使ったので、普通に1本を3~5等分くらいに。太いものの場合は、こちらもささがきがいいかも。

2)フライパンに1)を入れ、ごま油、つゆの素、お酢、醤油を適量加え、蓋をして弱火で加熱。蓋が水滴で濡れたら火を止め、そのまま10分くらい放置。レンコンが柔らかくなればOK。硬い場合はもっかい火を入れてくだされ。

3)保存容器に移して上から胡麻を振る。お好みで糸切り唐辛子なんかを載せると、見た目もキレイだな、きっと

 

簡単美味しくて保存もきくので、冷蔵庫に入れておくと便利な1品です

オレ様レシピ*ナスとたまねぎの煮びたしもどき

最近何が嬉しいって、野菜が安いのですよ

冷蔵庫に野菜が満々入っているだけで、なにやらシアワセになれちゃうワケですよ

でもイマイチやる気の起きない日も多いワタクシ、ここは作り置き惣菜の出番です!(笑)

Dscf3615

1)たまねぎとナスを細長くカットし、耐熱容器に並べる。

2)蓋、もしくは容器の下だけビニールに入れて、レンジで加熱。3~5分かな? たまねぎが透き通ればOKです。

3)熱いうちにお酢、つゆの素を上からかける。お酢はナスの色止めにもなるので、全部のナスにかかるようにするのがいいかと。味が薄いようなら醤油を少々足してください。

4)粗熱が取れたら、柚子胡椒をお好みで漬け汁に溶かし込み、冷蔵庫へイン!

 

簡単美味しい~

1週間くらい保存ができるし、冷たいまま食べて美味しいので、忙しい朝やお弁当にも使えます(^^)

柚子胡椒の代わりにワサビでも美味いです!

ナスはなるべく細く切ったほうが、味が染み込んでよりデリシャス

上から小ネギや大葉を散らすと、彩りもよくなるかもしれませんね

お試しあれ~

オレ様レシピ*オクラとかぼちゃのアヒージョもどき

市販のアヒージョの素を知って以来、すっかりアヒージョづいてます

あんまりよそで見たことないけれど、かぼちゃとかオクラとかどうなんだろう?と思い、やってみました。

 

1)オクラとかぼちゃを適当な大きさに切る。

2)フライパンにオリーブ油とアヒージョの素(濃い味が嫌なひとは1/2でいいかと)を入れ、加熱。適当に混ぜたところへ1)と、戸棚にしまい込まれていたミックスビーンズを投入。

3)ざっくり混ぜたら、お酢を上からぴゃ~とかける。このへんがアヒージョ「もどき」な感じ(^^;)もちろんお酢の嫌いな方は入れなくてもいいかと。

4)弱火にして蓋をし、2~3分経ったら火を止めて放置。

5)かぼちゃが柔らかくなったら小ねぎを加え、お皿に盛ってできあがり~!

Dscf3157

 

美味いです

意外とオクラが油と合ってて、食感もイイ感じ!

後から混ぜた小ねぎがかぼちゃの甘さを抑えてくれて、これまた絶妙

豆とかぼちゃで炭水化物多すぎだろって感じではありますが(^^;)

彩りも綺麗なので、かぼちゃとオクラが冷蔵庫にある方は、ぜひトライしてみてください

ナゾ野菜*アレッタってなんだ!?

長らく高騰の続いた野菜達が、だいぶお求めやすい価格になりつつある今日この頃。

ついチョーシこいて買いすぎて、ただ今若干食べるのに追われております

いや、でもさー、謎の野菜って、次いつ出会えるか判らないじゃん?

つーワケで、毎度のことですが見切り商品棚から連れ帰ってきちゃいました。

アレッタ

ブロッコリーとケールの掛け合わせだそうです。

あれ? なんかでもこれ、前にも食べたことがあるような……と思ったら、やっぱりブロッコリー由来の似たような野菜で『スティック・セニョール』ってのがあるんですね。

でもセニョールよりお花が大きくて可愛いです

刻まずに丸まんまいただきたいので、軽く塩を振ってレンジでチンした後、えごま油とお酢で和えてみました。

Dscf3166

味はブロッコリーですが、見た目菜の花っぽいですね

でも葉の花よりもお花の部分がぷちぷちしていて美味しい!

茎は……下の方は包丁が入らない程硬いので、ちょっと食べられないかな

上の方は、外側を少し削いで加熱すると美味しいです。

ついでに冷蔵庫に残っていたラブリー野菜のプチヴェールも載せてみました(笑)

Dscf3169

プチヴェールはもう色が褪せてきちゃってますが(^^;)

この子も茎のお尻に十字切り込みを入れて、レンチン後に塩とオイルとお酢で和えたもの。

色は落ちちゃうけど保存がきくので、付け合わせに便利です

ナゾ野菜*こしあぶらってなんだ!?

見知らぬ野菜に出会うと、価格が手頃である限り私は迷わず連れ帰ってきてしまう方ですが、世のひとびとはなかなかそうもいかないようで……またしても見切り商品棚で見つけてしまいました(^^;)

こしあぶら

どうやらウコギ科の山菜なようで、その香り高さから『山菜の女王』とか呼ばれているそうです。

枝の先にちょこっとついた新芽だけを食すらしく、その可憐な姿は女王というよりはお姫さまのようでか~わいい~~~~

一番美味しい食べ方は天ぷらのようですが、ワタクシ家で揚げ物しない主義なので()さっと湯がいて、塩とお酢とグレープシードオイルで漬け込んでみました。

Dscf3161 Dscf3164

酢に漬けちゃえば保存もきくし、お豆腐やミートボールの上にちょこんと載せれば目も美味しいです

変に刻まずに丸ごといただくと、まさに「木の新芽を摘まんで喰っとる!」と思えるので、ちょっと鹿やキリンになったような気分も味わえます(笑)

味はまあ……ものすごく美味いワケではありませんが(^^;)舌よりも脳が楽しいお野菜かな

炊き込みごはんにしても美味しいという噂なので、見切り棚に取り残されているのを見つけたら、ぜひみなさんもチャレンジしてみてください

より以前の記事一覧