最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 寝ておる…… | トップページ | HOMELANDファイナルシーズン…… »

『日雇い派遣原則禁止』に殺されそう(愚痴です)

全然稼げてはいないが、人生の主軸に「フリーのクリエイターであり続ける」なんて目標を掲げちゃったりしているワタクシ。

無名のクリエイターのところに時々飛び込んでくる仕事なんて、急ぎの上にめんどくさいものがほとんどなワケだが、いいんだそれでも、おもしろそうなら引き受けるし、相手がすっごく困っているようなら多少おもしろくなさそうでも引き受ける。

たまに何かの間違いで声のかかった好条件の案件なら、もちろんやらせていただきますっ!(笑)

そんな感じなので、生活の方は、バイトや期間限定派遣なんかで食いつないでいる。

収入は不安定だし、来年再来年くらいまでなら楽観視できるけど、5年後のことになると正直不安でいっぱいだ。

でもいいんだ。

自分でそういう生き方を選んだのだから。

が。

この2年くらい続けてお仕事させていただいていた夏冬限定派遣の仕事が、今年はコロナ禍の影響で就業期間短縮のため、日雇い派遣法に抵触するとか。

2012年の労働者派遣法改正以降、30日以内の短期派遣は学生と60歳以上、もしくは世帯収入が500万円以上ないと就業できないことになっている。

そのいずれにも該当しない私は、今年は仕事に就けないということだ。

「労働災害防止と雇用の安定」とかを謳って制定された法律だけど、これ、普通にひとの雇用機会奪っているだけなんだが。

とか言うと、フルタイムで働けや!とか言われたりもするんだが。

一応私、10年間社畜をして、仕事はおもしろかったし途中入院したりもしながら結構充実もしていたけど、このまま行って今わの際に後悔しないだろうかと考えた時、私には会社の仕事のほかにやりたい事があるなと思った。

幸い物欲はさほど強くないから、欲しいものをすぐ買えるとか美味しいものをしょっちゅう食べられるとか、そういう部分に我慢が必要でも、最低限生きられるだけの収入を得ながら好きな事をして、納得して人生を終えたい。

そう思ったから、この生き方を選んだ。

なのに国がそれを阻むのか。

おそらくコロナで打撃を受けているであろう発注元の企業さんは悪くない。

「今年はあなたにはこの仕事紹介できません」と言ってきた派遣会社も、法律に従っただけだから悪くない。

でもこの法律自体はどうなのか?

年収500万家庭の小遣い稼ぎなら就業できて、そこで稼がないと食えなくなる人間は働けないのか?

それともいい歳して夢を見るのが悪いのか??

働き方改革だの多様な生き方応援だの、笑わせんな。

生活に困ったこともない政治家が、労働者の現状もよく知らずにお為ごかしなことすんな、迷惑だ。

……と、ぶつくさ言っていても埒が明かないので他の仕事探すけど。

(愚痴、終わり。)

 

失業率増加や企業の業績が落ちている今、おそらく同様の事例はほかでも起きているだろう。

私以上に困っているひとも、たぶんたくさんいると思う。

もちろん国は国で、長い目で見てよかれと思って決めたのだろうが(いや、判んないけど)、実際に雇用機会を奪われる人間がいる以上、日雇い派遣原則禁止法は再考されるべきだと私は思う。

« 寝ておる…… | トップページ | HOMELANDファイナルシーズン…… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寝ておる…… | トップページ | HOMELANDファイナルシーズン…… »