最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 寄り道で見つけたものが案外印象深かったりするワケで…… | トップページ | 博物館探訪-東京都美術館・現代の写実ほか »

博物館探訪-東京都美術館・ゴッホ展

上野にある東京都美術館は、大正15年に開館された公立美術館。

もう20年近く前に1度二科展かなにかを見にきたような来なかったような気がするだけで、すっかり私の上野博物館マップから抜け落ちていたのですが(汗)、ゴッホ展の無料券をいただいたので、ちょっと行ってみました。

 

こちらの美術館も六本木の国立新美術館と同様、常設展のないギャラリーのようです。

名だたる画家の名品を見せる特別展のほかに、現代アートや学生さんの作品展なども多く行っているみたいで、私が訪れた時も全部で10種類くらいの展示会が入っていました

無料のものも多いので、好きなひとなら1日いられるな、こりゃ(笑

ただその分、正直どこで何が開催されているのかよく判らず、目当ての展示室を見つけ出すのに苦労しました(^^;)

02 01

↑1階(? それすらもよく判らん)ラウンジにあった建物模型。

地下2階だか3階だかまであって広大すぎる(汗

案内スタッフさんは展示室内外に複数配置されていましたが、あんまり教育は行き届いてないかもなーという印象(^^;)

 

でもって。

1月8日まで開催予定の『ゴッホ展 巡りゆく日本の夢』は、ゴッホの作品だけでなく、その多くにインスパイアしたとされる日本の浮世絵を一緒に展示することで、両者の関わりや人物・ゴッホにまで迫ろうと企図した意欲展示。

……なのですが、う~ん??

確かに企画の着眼点はおもしろいと思いますし、工夫もされているのが判るのですが、なんかもう少し何かが足りないような……。

美術館という現場で実物を目の当たりにしているわりに「ほう、なるほど!」感が得られなかったのは、せっかく集めてきた浮世絵とゴッホの作品が、わりとぱっつり分けて展示されていたせいではないかと(汗

一応同じ展示室内に並べられてはいるのですが、『浮世絵コーナー』『ゴッホコーナー』という具合に壁が分けられていて、比較鑑賞がしにくかったんですよね。

それでも客入りが少なければ、何度も振り返ったり、行ったり来たりして鑑賞することもできますが、あいにくというか幸いなのか、結構展示室内混み合っていたので鑑賞動線を崩すのは難しかったです。

また、基本情報の掲示が遅すぎる、という点もいくつか見られ、これも「なるほど!」感を損ねてしまった原因かも。

例えば、ゴッホの絵の中には縮緬紙に刷った浮世絵を意識して描かれたものがあるそうなのですが、該当の絵を見終えた辺りの壁にその説明が書かれていたり。

ふたつほど展示室を過ぎた辺りにゴッホの略歴年表があったり。

いや、何故このタイミング?

あと、次の展示室の入り口に映像資料を置いてあるところがいくつかありましたが、そこでひとが滞留して部屋に入れない、という状況になっていたので、資料の展示場所(順番)は改善すべき点が少なくなかったように感じます。

でも全体的には、室内がとても広く、混雑していたとしても回りやすくて快適。

度々いろんな美術館で気になった照明の反射による見えにくさも、この美術館ではほとんど感じませんでした。

若干説明ボードも暗くて読みにくいということを言っていた年配の方もいらっしゃったので、ボードのところだけはスポットライトで明るく照らすなどできると、もっといいのかもしれません。

私自身は、見やすさで言えばかなり高評価というか、最近行った美術館の中では一番見やすかったのではないかと。

また、ここも特にパンフレットなどなかったのですが、展示室外のラックに当該展のチラシが置いてあって、自由に持ち帰れるようになっていたのも好印象でした。

 

展示作品そのものについては……今さら私ごときがゴッホについて語れることもないですし、正直なところ……ゴッホの美意識は私の感性と激しく乖離しとるな、というのを再確認したので(汗)あまり触れませんが、最後の方に展示されている『ポプラ林の中の二人』は、絵の左方から見た時と右方から見た時でだいぶ印象が違いますので、ぜひ横に移動しながら見てみてください(笑

ちなみに私は向かって右側から見た方が好き 

あと、これは歌川国芳だったかな?の『当盛江戸鹿子三めぐり』とかいう絵があるのですが、私の後ろにいた女の子がそれを見た瞬間「わ、この女の人でかくない!? 後ろの山に生えてる木がちっさい!」と、まるで「でいだらぼっちか!」みたいなことを言っておりましたが実際は……という感じなので、これもよければご自分の目で確かめてみてくだされ。

や、彼女の見方、ファンシーで私は好きです(笑

 

そんなワケでゴッホ展、結構混んでましたが、気になった方は訪れてみてはいかがでしょうか?

実は展示室を出たところに、自分の顔をゴッホが描いた絵のように加工して自撮りができるコーナーもあるので、スマホ持参されるといいですよ!

(って、室内スマホ持ち込み禁止になっていたような気もするけど……。そしてこのコーナーの案内はいっさいなかったような気もするけど……。こういうところも要改善かなぁ

 

そのほか同時開催されていた展示会については、別立てでご紹介しますね(^^)

« 寄り道で見つけたものが案外印象深かったりするワケで…… | トップページ | 博物館探訪-東京都美術館・現代の写実ほか »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 博物館探訪-東京都美術館・ゴッホ展:

« 寄り道で見つけたものが案外印象深かったりするワケで…… | トップページ | 博物館探訪-東京都美術館・現代の写実ほか »