最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 博物館探訪-東京国立近代美術館・工芸館 | トップページ | 五家宝deケーキ♪ »

博物館探訪-深川江戸資料館

木場の方へ行く用事があったので、ついでに寄ってみました『江東区深川江戸資料館』。

江東区民の啓蒙と、地域コミュニティの交流・振興を目指す公益財団法人が運営しているらしく、展示室や併設される小劇場で演劇、落語などのイベントも頻繁に行われているようです。

 

資料館内部には江戸時代末期の深川佐賀町の町並みが再現され、本当にその界隈に迷い込んだようなタイムトリップ感を味わえます 

Dscf2304 Dscf2303 Dscf2306

Dscf2310 Dscf2311 Dscf2309_2

↑細かいところまでつくり込んである。

 

……が。

これはー……利用の仕方によってだいぶ評価の分かれる施設かなぁ~

 

基本的に建物が並んでいるだけで、文字でも映像でもいっさいの解説はついていません。

その代わり、複数名のボランティアスタッフが常駐しているようなので、うまく捕まえられれば詳しい説明を聞くことが可能です。

Dscf2400

↑法被を着ているのがボランティアスタッフさん。

スタッフさんによるかもしれませんが、わりとフレンドリーに向こうから声をかけてきてくださるので、質問はしやすいと思います。

ただこれは、時間に余裕がないとできないですよね(^^;)

また、事前に申し込みをすれば解説者つきの見学も可能で、その場合にはどうやら建物内部に上がることもできるみたいです。

私が訪れた時にもお子さん連れのご家族(団体?)が、スタッフさんの監督下でお部屋の中に入り、実際に棚を開けたり道具に触れたりしていました。

Dscf2387

こういった体験学習は、効果的に楽しく学べるいい取り組みだと思います。

展示室内は照明や音響による時間変化も体感できる工夫がされているので、本当にその家で生活しているような臨場感も味わえます。

Dscf2333 Dscf2342

 

なのですが、ぶらりと立ち寄っただけではまったく得るものがないと言うか……

いや、おもしろいんですよ?

非日常感を味わうだけなら充分ですし、緻密につくられた建物や小物の制作費や維持費を考えれば、400円という入館料も決して高くはないです。

でも学習施設として見た場合には、今のままでは満足感を得にくいかな~という印象

入館時に貰えるパンフレットに建物の簡単な説明があるにはあるのですが、写真を見てもお判りいただけるとおり内部が薄暗いので、老眼の進んだ人間にはこれ読むの結構ツライです(汗

ただ同じ事情で解説ボードを置いても邪魔くさいだけかな、という判断も判らないではないです。

でも例えば、

Dscf2381

↑竈の上にある煙り出し(天窓)。

Dscf2383 Dscf2384

↑こちらはすぐ横の障子戸の上にある格子が煙り出しの役目をしているので、天窓がない。

……というのを、私はたぶんそうだろうとアタリをつけて調べましたが、本当は現地でそういう解説が欲しいですよね(^^;)

かと言って、そのためだけにボランティアさんを捜して質問するのも、正直なところ面倒くさい

一応、展示室の奥に映像資料の見られるエリアもあるのですが、1本1本が長いので、他にひとがいるとちょっと利用しづらいです。

この日もほかに見ている方がいらしたので、私はちょっと遠慮しました。

Dscf2398

なので希望としては、建物ごとにボタンで再生される動画や音声ガイドを設置するのが効果的なんじゃないかな~と思いますが、費用の問題等もあるでしょうね

ただもともと江戸の民俗などを勉強されていて、実際にどんな感じだったのかを見にくるという方には充分な情報量があると思いますし、これを契機に興味を持つ、という効果も勿論期待できるので、機会があったらぜひ訪れてみてください

 

Dscf2305 Dscf2315

大通りに面した大店。

干鰯っちゅうのは文字通り干したイワシのことで、昔は畑に肥料として撒いていたそうです。

それをさらに茹でてギュッと固めたものが〆粕、その際に副産物として摂れるのが魚油なんだとか。

だから魚油は安く販売できた、と、ボランティアスタッフさんから説明していただきました(^^)

深川の辺りは水運もよく、河岸にはこのような店や蔵が多く並んでいたんですって。

 

Dscf2321 Dscf2324 Dscf2399

Dscf2323 ←猪牙舟言うらしい。

河岸には船宿も。

Dscf2328 Dscf2326

ちなみに2軒ある船宿の1軒は、裏側からも見られます。

Dscf2350 Dscf2349

このへんが立体展示の醍醐味

建物と建物の間を通ったりとか。

Dscf2353

もはや迷路(笑

 

長屋。

Dscf2379 Dscf2361 Dscf2345 Dscf2346

Dscf2363 Dscf2365 あっ、ネズミが……っ∑(=゚ω゚=;)

 

長屋の共用スペース。

ゴミ箱やトイレがある。

Dscf2354 Dscf2355 Dscf2356_2 Dscf2357

『たれかけ無用』って……

時代劇で、洗濯シーンは見たことあってもトイレのシーンってなかなかないので実感なかったんですが、共用なんですもんね、キレイに使えってことですよね(汗

ちなみに壁の貼紙『月水早おとし』は堕胎薬のチラシだそうで、江戸の長屋にはわりと普通に貼ってあったそうです。

 

Dscf2358 Dscf2359

共用スペースにはお稲荷さんもいる。

お稲荷さんは船着き場にもいました。

Dscf2320

昔は生活の中で普通に、こうした小祠に手を合わせていたんでしょうね。

神さまがとても身近な存在だったんだろうなぁ。

 

Dscf2336 Dscf2337

Dscf2338

Dscf2335 Dscf2340

火の見櫓とその内部。

Dscf2339 あ、犬が……Σ(;・∀・)

さっきのネズミもそうですが、この町、結構いろんな動物潜んでます。

Dscf2389 この仔猫の親は……

Dscf2319 Dscf2316

写真は撮りませんでしたが仔犬もどこかにいるので、そんなのを探してみるのも楽しいかも??

« 博物館探訪-東京国立近代美術館・工芸館 | トップページ | 五家宝deケーキ♪ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 博物館探訪-深川江戸資料館:

« 博物館探訪-東京国立近代美術館・工芸館 | トップページ | 五家宝deケーキ♪ »