最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 醸しちゃってます~ | トップページ | 博物館探訪-国立西洋美術館・アルチンボルド展 »

博物館探訪-澤乃井 櫛かんざし美術館

以前から一度行ってみたいと思いつつ、その為だけに行くにはちと場所が遠いな、と躊躇していた『櫛かんざし美術館』。

先日、この美術館の運営母体であるらしい澤乃井園を訪れる用事ができたので、念願叶って行ってきました(^^)

 

櫛かんざし美術館には、江戸時代から昭和に作られた櫛と簪を中心に、矢立や筥迫(はこせこ)などの美術工芸品が展示されています。

コレクション数は約4,000点、その内の400点が、季節ごとの展示替えを行ないながら常設展示されているそうです。

01_2 02

残念ながら展示室内は撮影禁止になっていたので、収蔵品についてはざっとご紹介するに留めますが、これだけの数の簪を一度に見られる施設は珍しいと思います。

また、要所要所に結髪のかつらが置かれていて、実際に簪や笄が挿し込まれているのも判りやすくてよかったです。

 

第1展示室には、主に江戸時代の作品が並べられています。

古い時代の簪はそうでもないのですが、江戸時代中頃から簪の先に耳かきのついたデザインが横行し始めます。

これ、実は江戸時代に度々発令された「奢侈禁止令」に対応したものなのだとか。

装飾品ではなく実用品である、と言うためだったらしい(^^;)

でもその後だんだん耳かき部分が巨大化していったりもして、いやこれ、耳穴どんだけデカいんだよ!?って感じになるので、結局は装飾品に戻っていくのがまたおもしろいですね(笑

笄も、最初は頭を掻いたり髪筋を整えるためのものだったのが、しだいに装飾性を備えていったのだそうです。

私は笄と言うと日本刀にくっついているものの方が馴染みが深かったので、先が細くなっていない棒状の笄はちょっとびっくり。

そういや時代劇で花魁とかがいっぱい挿してますね、これ。

挿すというよりは、髪を巻きつけて結い上げるのに使っていたみたいです。

そういう意味でも、元は実用品だったものが装飾性を帯びていく。

人間の美意識とか、考えると深いですね……。

同じ部屋に展示されていた矢立なども、まさにそうした逸品でしたconfident

 

地下にある第2展示室には、明治以降作のものが中心に展示されています。

その時代時代によって、技術も勿論ですが、価値観や審美眼も変化があるのだな、ということが判ります。

制作時代順に櫛を並べてあるところがあったのですが、これなどは各時代の特徴を比べることができて、大変興味深かったです。

やはりいろんな技術や美意識の発展があった江戸期の作品は、螺鈿や細かい彫刻がなされた芸術性の高いものが多かったです。

幕末になると作りが雑に(^^;)

まあ世の中が動乱してるから、しかたないっちゃしかたないですかね。

明治時代の櫛は幾何学的な図案で洗練されていますが、個人的には面白みに欠けるかなthink

大正時代になると、まさに「大正浪漫!」と呼ぶのが相応しい、レトロな美しさshine

櫛や簪に真珠や宝石を使いだすのは、大正時代からだそうです。

 

ひとつ印象に残ったのは、花柳界の芸者さんが正月の七草頃まで挿すという稲穂の簪!

前年の秋に収穫された稲で作るらしいのですが、根元に鳩の飾りがついていて、願いが叶うと目を入れるという習わしがあるんだそうです。

だるまじゃないところが艶っぽくていいですねheart02

 

第3展示室には、筥迫や日本人形が飾られていました。

私、この筥迫が結構好きでhappy02

いわゆる小物入れらしいですのが、挿さっているびらびら簪が大好きでhappy02happy02

鎖でチャームがちゃらちゃら下がっているところがたまらんのですよ!

ちなみにびらびら簪、『歩揺簪』と書くそうです。

めっちゃ当て字だなと思って調べてみたら、古代中国の髪飾り(釵子?)に玉とかをぶら下げたものを『歩揺(ほよう)』と呼ぶんだとか。

って、人形劇三国志で見たアレのことか!?

その他、大正時代に流行った髷の見当たらない結髪かつらも展示されていたのですが……名前が『行方不明』というのが私的にはツボでした(笑

 

などなど、ご紹介しきれませんが、他にも紅板という携帯用化粧品セットや、ガラス製の櫛や簪など珍しい資料もたくさんありました。

ただ、若干解説不足な感は否めません。

例えば、第2展示室にあった「あせしらず」と書かれた看板?などは、おそらくうちわの商品ポスターなのではないかと思われますが、特に詳しい解説がついておらず、どこから持ってきたものなのか、なんの意図でここに展示したのかなど、少々判りづらいままになってしまっていたのが残念でした。

また、特に細かな細工の施された資料には拡大鏡をつけて展示する、などの工夫もあると、より充実してよかったのではないかと思います。

少なくとも、第3展示室を出たところにあるラウンジで見られる映像資料は、本来なら最初に見せてから実物資料を見学させた方が学習効果は高いんじゃないかな、と感じました。

とはいえ、美しいものを見て楽しむ!という欲求は充分に果たせる空間になっていますので、ご興味のある方はぜひ訪れてみてくださいhappy01

 

この美術館は、ホールからの景観やお庭も見どころのひとつです。

03

↑正面玄関ホールから多摩川を臨めます。

04_2 05 07

08 09

↑お庭の散策では、お花を観賞することもhappy01

06

↑こんな石仏とも出会えますよ(笑

« 醸しちゃってます~ | トップページ | 博物館探訪-国立西洋美術館・アルチンボルド展 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/180345/71496210

この記事へのトラックバック一覧です: 博物館探訪-澤乃井 櫛かんざし美術館:

« 醸しちゃってます~ | トップページ | 博物館探訪-国立西洋美術館・アルチンボルド展 »