最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« おやちゃいv その2 | トップページ | 大自然に酔う。 »

博物館探訪-帆船日本丸&横浜みなと博物館

さあ野郎ども、帆を張れ、錨をあげろ!

大海原に出航だ!

 

……ってなワケで行ってまいりました『帆船日本丸・横浜みなと博物館』。

横浜みなと博物館は、1989年に開館した『横浜マリタイムミュージアム』を、横浜開港150周年(2009年)を機に全面リニューアルしてできたもの。

その博物館の目の前に設置公開されている帆船日本丸は、1930年に建造された船員養成用の練習船です。

引退するまでの54年間で、地球約45.4周にあたる距離を航海したのだとか。

帆を広げた姿は「太平洋の白鳥」と呼ばれるほど美しかったそうです。

 

みなとみらい駅から行くと、博物館よりも前にまず日本丸の姿が見えてきます!

おおっ、でかい!happy02

01 02

とはいえ、この時季帆は畳まれちゃってるのですが、それはそれでマスト越しの陽光が美しいです(^^)

27

では入館チケットをゲットして、いざ乗船!

Kanban

順路に沿った見学で、甲板や船室など、結構隅々まで観られます。

ただ、パンフレットがあったのかなかったのか、とりあえず私は入手せずに入ってしまったので、階段を上ったり下りたりするうちに自分が今船のどの辺にいるのかが判らなくなってしまいました(^^;)

後で行った博物館には総合パンフレットが置いてありましたので、入手してから乗船した方がいいかも。

ただ、細かなことが判らなくても船好きなら文句なく楽しめると思いますhappy01

06 05

08

↑船のあちこちに立っているナゾの物体。

何かと思ったら、船内の換気を行なうための通風筒なんですって。

03 09

10

↑帆を操作するために、船員は多種多様なロープを用途に応じて結べるそうです。

その結びの型を結索と呼ぶらしいのですが、シンプルなものからデコラティブなものまで本当にたくさんの種類がありました。

写真は比較的デコラティブなものですが、この辺りになるともはや芸術ですねshine

実際に長い航海の間に、ロープで髪飾りや額縁などの手芸品を編み出していたのだとか。

髪飾り……港で待つ恋人を想いながら編んだのか……ロマンですねconfident

他にもお客さま向けに備え付けの毛布を綺麗に折って提供する『飾り毛布』なんてものもあったりして、意外に船乗り、手先器用です!

14 13

11 12

↑エンジンルーム。

こういうメカメカしいもの見るとテンション上がる~~~~っっ!!!heart02

22

↑士官サロンにあったステンドグラス。美しい~shine

15 

16

↑船で使われていた小物が陳列された部屋もありました。

これは引火しにくい工夫のされたランプ。

17 18

19 20

船長が来客を迎えるための公室と、隣の私室。

意外にもしっかりした調度が置いてあってびっくり。

21 ←制服萌え(笑

25 26

船尾楼甲板の最後部にあるのが舵輪。

通常は2名で回しますが、時化て重くなった時には後ろ側の舵輪も使って4名で回すそうです。

……ん? じゃあ最初の方に見た舵のある部屋はなんだったんだ?と思ってパンフレットを見てみたら、どうやら警備室だったらしい。

なんだろう、舵機室ってやつなのかな……。

 

ところで。

なんと日本丸には、たっくさんの動物がいるもよう!!

例えば……

PhotoPhoto_2

判りやすいように敢えて足を置いてみましたが、要するに床に穿たれた採光窓のことを『Bull’s eye』と呼んでいるんだとか。

そんなのがたくさんありました。

Kame Neko

中には、いやムリあるだろ!ってゆーのもありましたが(^^;)

全部は見つけられなかった!bearing

もしかしてパンフレットに書いてあるかなと期待したのですが、一言も触れられてないし(^^;)

こういうの、ゼッタイ子供大喜びだと思うんだけどなぁ。

もっとアピールすればいいのに、と余計なことながら残念な気分にdespair

 

そんなこんなで見どころ満載だった日本丸を後にして、横浜みなと博物館へ移動。

28

残念ながら館内は撮影禁止だし、この後ひとと会う予定も迫っていたので、若干巻き気味に見学しました。

そこそこ広くて、模型やパネルを使って黒船来航から戦前戦後までの横浜港の歴史を紹介しています。

見学者参加型の展示が多いのは、私的に好印象。

タッチパネルを利用してのQ&Aコーナーや、クレーンゲームのようなコンテナ積み下ろしの動く模型など、楽しい展示がいっぱい。

中でもおもしろかったのが『操船シミュレーター』happy02

スクリーンを見ながら、自分で舵をとって船をゴールまで導くという体験展示です。

スクリーン映像の時間帯や天候を自分で選べたり、タイミングよく舵を切らないと障害物に阻まれてしまったりとゲーム要素もあって、これはかーなーり楽しかった!!!heart04

ちゃんとゴールに着けると『航海達成認定証』なるカードを貰えるのも嬉しいですhappy01

企画展の海難事故に関する展示も見ごたえがありました。

ざっとしか観ていないので展示評価は今回できませんが、一点残念だったのは、ここでも入口でパンフレットを勧められなかったんですよねー(^^;)

私は日本丸の段階でパンフレットのないことが相当残念だったので、目ざとく見つけてゲットしましたが、やっぱり入館者に対して一声案内があってもいいのではないかなと思いました。

 

帆船日本丸と横浜みなと博物館は、それぞれ単館でも見学可能です。

2月いっぱいは2館共通で400円。単館で200円です。

3月からは入館料が値上げされるらしいので、気になる方はぜひ今月中に出かけてみてください(^^)

私は今回行けませんでしたが、周囲に芝生のある公園や展望タワーもあるようなので、デートで訪れても楽しいと思いますよ♪

Photo_3

« おやちゃいv その2 | トップページ | 大自然に酔う。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

日本丸!楽しいよね。機械室はワクドキもの。
動物のプレートは、自分は見たことがない気がする。
最後に行ったのはけっこう前だから、そのあとに付けられたのかも。
帆は、月に1度だったか、帆を張ったり畳んだりする日があって、その日に合わせて見に行くといいです。水兵さんたち(とボランティアの皆さんだったかな)が手際よく帆を張ったり畳んだりする様子が見られます。

>もあもーあ

太平洋の白鳥~!heart02
私ももう少しあったかくなってから、帆を張ってるところを
観に行きたいですー!
そして次は氷川丸(≧∇≦)
(どんだけ船好きなんやねんship

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/180345/69702724

この記事へのトラックバック一覧です: 博物館探訪-帆船日本丸&横浜みなと博物館:

« おやちゃいv その2 | トップページ | 大自然に酔う。 »