最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 物欲 | トップページ | ひと任せって、よくないね…… »

博物館探訪-三陽メディアフラワーミュージアム

千葉市が緑化推進事業の一環として平成8年に開いた植物園。

05

現在は公益財団法人である千葉市みどりの協会が指定管理者を務め、千葉市にある印刷会社三陽メディア株式会社が命名権を取得して、2013年に『三陽メディアフラワーミュージアム』に改名されたという施設なのですが……。

4月2日は開館20周年記念で入館料無料!?

しかもイースターイベントなるものもやっていて、なにやら華やいでいるらしいと聞いては、行かずにおれようか!happy02

 

とゆーワケで行ってまいりました。

01_2 ←入り口からしてステキheart04

門から建物までに広い前庭があって、一歩足を踏み入れれば、もうそこはこの世の天国(おおげさ)!

02 03 50

04

↑さりげなくテントウムシ(?)を象ったお花のオブジェがあったり、

↓正面入り口から待ったなしのイースター仕様に、テンションすでにupup

06 07

イースターってのはイエスの復活を祝うキリスト教のお祭りで、春分後の満月の日から最初の日曜日があてられるんだとか。

今年は3月27日だったそうです。

生命誕生の象徴であるたまごと、多産(=子孫繁栄)を表すうさぎがお祭りのキーアイテム。

なので、

11 こんなのや

17 こんなのが

所狭しと飾られておりました!happy02

ともかく館内、かわいいっ!!!heart02

では暫しご堪能あれ↓

08 09 15

13 14 16

12 葉っぱの下にうさぎさんが隠れていることも……。

 

この施設、改名前は『千葉市 花の美術館』と呼ばれていたらしく、その名残なのか、館内に工芸品や絵画なども多く展示されていました。

↓こんなジオラマとか!

18 19 20

21 裏から見てもカワイイheart04

(※肖像権保護のために一部画像を加工してあります。)

↓こんな小部屋まで!

22 23 25

24 棚の上にもうさぎさんsign01

 

また、建物の外につくられた小さな庭園スペースにちょこちょこ出られるように設計されていて、飽きることなくぶらぶらできます。↓

30 31 48

49 26

特に『キッチンガーデン』と名づけられたエリアは、お馴染みの野菜やハーブが植えられていて楽しかった~!

27 ←ブロッコリー……花咲いちゃってます!

28 ←カリフラワーも!!

29 ←これは……芽キャベツ???

ただ、ひとつ難点をあげれば、あまりにも出入り口が多すぎて回り順が判らない(^^;)

私は結構行ったり来たりしちゃいました(汗

あと、私が行った日は外気温が低かったので、館内と館外の温度差がちょっと大変だったかなsweat01

 

この施設、2階に体験学習コーナーが設けられていて、若干ながら博物館機能も備えています。

35 36 ←お花の匂いが再現されている。

37 ←いろんな木材の重さを比べられる。

32 33 34

↑香辛料の匂いを嗅げる。

他にもいろいろ興味深い展示がありました。

個人的にこういうの大好きなので、この部屋かなり楽しかったです!

ただ1点残念だなぁと思ったのは、香辛料の嗅ぎ比べ展示。

私は壜の蓋を開けてくんかくんかしまくってましたが、「自由に嗅いでいいよ!」という説明書きがどこにもなかったので、壜を手に取る来館者が私以外にはいなかったんですよね。

私はいろんな博物館で似たような展示を見ていたので「勝手に蓋開けていいんだな」と理解しましたが、慣れてないひとには説明がないと判らないかも。

せっかく用意した資料が活用されていないのは、とても寂しい気分でした。

……あれ? 勝手に開けてよかったんだよね??(^^;)←急に自信がなくなるsweat02

 

そんでもって、この施設の(おそらく)目玉でもある温室が、また凄い!!

2階建てに滝やら吊り橋まであるよ!happy02

38 39 40

41 42 ←さらに小屋まで……。

肝心の植物たちも、ランからティランジアまで盛りだくさんbud

43 ネコノヒゲいうらしいcat シソ科植物。

44 パイナップルも生えとる。

47 幹に柄(?)のある木……なんだろう、これ?

 

今はちょうどヒスイカズラが見頃のようです。

45 46

熱帯雨林に自生する植物で、絶滅危惧種らしいです。

花自体は自宅近くの植物園でも見たことがあるのですが、水辺に立つ大樹という姿はなんとも言えない美しさがありました。

 

ともかく温室そのものが綺麗につくられていて、ゆっくりまったり観察できる居心地のよい場所になっています。

が、やはりひとつ難をあげれば、説明フリップがずれていたり見えなかったりで、植物の名前が判らないものが結構あったこと。

あと、フリップに花の写真と説明があるものは、ぜひ開花期も記載しておいてほしかったな~。

 

温室を堪能した後、建物から出て裏庭へ。

ローズガーデンになっているそうなのですが、あいにくまだ季節が早かったみたいでバラは咲いていませんでした。(´・ω・`)ショボーン

51

↑シーズンには色とりどりのバラが咲き乱れるらしい。

綺麗だろうなぁcatface

52 裏庭でにゃんこ発見sign01

53  

ミュージアムから少し足を延ばせば、稲毛海岸にも出られますnote

 

そんなこんなで、大変充実した時間を過ごさせてくれた三陽メディアフラワーミュージアム。

20周年記念の今年度は、毎月20日が入館無料になるそうです(^^)

まだまだ伝えきれなかった魅力が満載ですので、お近くにお住まいの方は、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

« 物欲 | トップページ | ひと任せって、よくないね…… »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/180345/64808208

この記事へのトラックバック一覧です: 博物館探訪-三陽メディアフラワーミュージアム:

« 物欲 | トップページ | ひと任せって、よくないね…… »