最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

SHOW-YA Live in 鹿鳴館!

とゆーことで、行ってきました!

SHOW-YA デヴュー30周年記念・Return to 鹿鳴館

 

8/29、30日の2DAYSだったのですが、私は2日目のチケットゲット!

実はワタクシ、この歳にしてお恥ずかしながら、自分でチケット取って音楽ライブに行くのって、これが人生初shineの経験だったりしてcoldsweats01

当然ライブハウスなんてところに足を踏み入れるのも(たぶん)初めてで、ステージの近さに本気でビビリましたsweat01

いやだって、うっかり演奏中のメンバーと目が合っちゃったりするんですよsweat01sweat01

やばい、どこ見ていいか判らないsweat01sweat01sweat01

向こうからはそんなにはっきり見えてないんだろうけど、ドギマギしちゃって思わずあらぬほうへ視線を向けてしまったり(*ω*)おぶおぶおぶ

しかもライブって、歌え、とか合いの手入れろ、とか、観客もぼんやりしてられないんですねsweat01

会場内、異様に暑くて汗だくになっちゃいましたが、でもこの暑い中メンバーがすっげー頑張ってるんだから、こっちも頑張らなくちゃーっ!って感じで、本当に気が抜けないbearing

なんかこのへんはプロレス観戦と似てるな(笑

ただ、曲は知っててもどこで参加すればいいのかがよく判らなかったりもして、常に周囲の様子を窺い、ドキドキしながら拳を振り上げてましたcoldsweats01

結構2日間とも観にきたというお客さんも多くいて、アンコールの催促が「ハッピーバースデーSHOW-YA~♪」の合唱だったのはびっくり。

きっとみんな、30年間メンバーに寄り添って、バンドを育ててきたひと達なんだろうなぁ。

……なんか、こういうのいいよねconfident

なにか始める時って、ついマス・マーケティングを意識しちゃうけど、ナノでも確実に味方でいてくれるひとをつくったほうが、長く成功できるのかもしれないなぁ、なんて。

ほかのバンドの時にも同じようなこと書いたけど、ひとつのことを20年、30年続けるって、結構大変だと思うんですよね。

その間には当然いろいろトラブルもあるし、自分も変わるし周囲も変わるし。

いろんなこと経験してきて、それでも今現在、楽しく充実していられるって、素晴らしい人生だと思うんですよ。

そしてその時に、昔から見守っていてくれたひと達と共に祝えるって、もう奇跡だよね。

「なにごとも思いを持っていれば辿り着く。思い続けなきゃだめでしょ」……って、こないだ山本さんが言ってましたが、確かにそうなのかもなぁ、なんて、ちょっと思っちゃいました(笑

そういうワケで、通りすがりの新参者な私は若干疎外感を覚えたりもしましたが(^^;)そんなファンの中にこっそり紛れて、アットホームな雰囲気のライブを楽しんでまいりましたよhappy01

いやー、ホントに楽しかったなぁ~!

入場の際に、整理番号順に会場の中に案内されたひとびとが好きな場所に陣取っていくライブハウススタイルに戸惑っちゃったりはしましたが(笑

そしてスペースがいい感じに空いてる辺りにコソッとはまり込んでみたら、すぐ前の男性客がすっげー背の高いひとであることに後から気づいたりcoldsweats02

おかげさまでドラムの美喜さんとギターのサンゴさんは全然見えなかったけど、いいの、ベースの仙波さんはバッチリ見えたからそれだけで幸せ~っheart04

メンバーの中ではどちらかと言えば地味な印象のかたですが、飄々として短い中にもきらりと光るおもしろコメントとか、本当に楽しそうに演奏するところとかが大好きでheart01

ナマで拝見した仙波さんは、もうもうもうもう超☆かっこよかった~~~~っっ!!!happy02

2DAYSライブ前日28日のお誕生日で、52歳におなりだそうですw(゚o゚)w

私もこんなカッコイイ50代になりてぇ~~~~っ!!upwardrightupwardrightupwardright

まだまだ私、経験してないことがたくさんあるし!

これからもチャレンジ、チャレンジ!と、気分アゲアゲになって帰ってまいりました(笑

 

9/30にSHOW-YA30周年記念アルバム『PROGRESS』が発売だそうです。

ご興味お持ちいただけましたら、ぜひ~note

ナニワ旅行記その3

大阪滞在の最終日!

せっかく来たんだから半日だけでも観光するぞー!

とゆーことで、前から一度観たいと思っていた四天王寺へGO。

天王寺駅から四天王寺まで徒歩で行けるだろうことは、先日の通天閣展望室で確認済み( ̄ー ̄)ニヤリ

なので、部屋に荷物を置いたまま、てくてく歩いて行きました。

距離はそれほどなかったですが……ともかく暑い!!!spa

寺に辿り着く頃には、若干意識が朦朧としてました(^^;)

いや、でも負けない。(何と闘っているのだ。。。)

12 13 15

四天王寺は聖徳太子が建てたっちゅうお寺です。

なので、域内に白鳳時代の排水溝遺跡があったりもします。↓

14 すげー綺麗に残っている。

そしてこのお寺、五重塔に登れます。

土足厳禁ですが、内部に螺旋階段が設けられていて、上まで行けますよ。

……まあ、行ったところで何があるというわけでもなかったのですが(^^;)

私が下りてきた時に中に入ってきたおじさんから「上は何かあるんですか?」と訊かれ、「とりあえず外が見える小窓がありますが、展望室のような景色は望めませんよ」と素直に答え、おじさんの登る意欲を削いでしまいました(汗

あと、金堂や講堂に入ると、聖徳太子の本地仏である救世観音像とか十一面観音像とか、美しい仏像を拝めます。

また、それぞれの建物の壁画も必見!

私は勉強不足でよく判りませんが、たぶん仏教伝来とかなんかそんなお話を絵にしたものが、ぐるりと描き込まれています。

……でも仏像については、制作年代とか作者とか、もう少し詳しい説明書きが欲しいなぁ……なんて思ってしまったのですが、いや、ここ寺だし!

博物館ばっかり行っていたので、つい見方がそんな感じになってしまっていたのですが、本来仏像も仏画も古さや技法に価値があるわけじゃないんですよね(^^;)

昔は私もそういう情報なしでモノを評価できたのですが、いつの間にやら専門家や研究者の価値評価に頼るようになってしまっていたようですdown

そんな自分に気づいて、ちょっと反省しました。

 

そんでもって龍の井戸。

金堂本尊基壇下にある青龍池を水源とする霊水井戸で、天井に龍の姿が描かれてます。

水面に映った龍に祈ると災厄から逃れられるんだとか。

17 16

確かに井戸の底にも龍の姿が見えますが……鏡でも貼ってあるんだろうか……。

ちなみに井戸の中にお賽銭を投げてはいけないそうです(・∀・)

ほかにもお庭とか鐘堂とかいろいろあるようですが、とーもーかーく暑くて、それ以上寺内をうろうろはできませんでした(汗

日陰がね、ほとんどないのよsweat01

お寺側もそのへんは気を遣ってか、出入り口にミスト装置が設置されていましたcoldsweats01

なんかもう、ここから離れがたい……。

 

たっぷりミストを浴びてクールダウンしてから、次の目的地・大江神社へ。

18

この神社、狛犬ならぬ狛トラが有名なのだとか。

亡き父がやたらとトラ好きだったのを思い出し、ちょっと観に行ってみるか、程度だったのですが、どうやら四天王寺の鎮守社として聖徳太子が創建したという由緒正しい神社さんだったようです。

19 20 21

か、かわいい……heart02

トラつながりで阪神タイガースファンが多く訪れるとか。

『うん』トラの背後にその痕跡が……。

22 ちなみに横から見るとこんなん。

お隣の愛染堂には国宝(重文?)の多宝塔もありまする。↓

23 24

 

この段階でまだ10時台。

この日は月曜だったので、天王寺動物園はお休みだし。

どうしようかなと迷って、実習で知り合った方から大阪歴史博物館は定休日が火曜だと教えてもらったのを思い出し、しかも屋内だったらクーラーきいてるじゃん!happy02とゆーことで、一路博物館へ。

5日間さんざん博物館通ってたのにまだ行くか!という感じですが(笑

でもこれが楽しかった!

歴博の感想はまた別の機会に。

 

いい感じに3時を過ぎたので、本日最後の目的地へと移動。

天王寺駅から路面電車を使ったのですが、これがまたローカルな感じで楽しいcatface

向かった先は……

37 36

言わずと知れたあの大陰陽師が生まれた場所とされている神社さんです。

噂ではあまり参拝客もいない、ひっそりとした神社さんだと聞いていましたが、実はこの日は夏の大祭の宵宮で、神社付近の道なりには出店の支度をするひとびとがいたり、境内でも氏子さん達が行ったり来たり……。

あんまりゆっくりは拝めませんでした(^^;)

27 28

25 26 ←途中で出会った祭なひと達。

29 こんなのが練り歩くんだろう。

このすぐ近くにあるのが阿部王子神社。

35 30 31 ここの狛犬さん、しっぽふさふさでカッコイイlovely

こちらは熊野参詣街道筋にある九十九王子の一社なんだそうです。

仁徳天皇の夢に現れた八咫烏の導きで創建されたとかなんとかいう説もあるらしく、境内には御烏社なるものと、なぜか葛の葉稲荷神社というのがあります。

34 33 32

ありがたいことに安倍晴明神社のお守りも扱っているので、私はここで分けてもらいました。

 

そんなワケで、本当は宵宮祭も観たかったのですが、残念ながらタイムアーップ!

急いで一度宿へ戻り、シャワーだけ浴びて出発の準備。

出しそびれたごみはまとめて玄関に置いて出るよう言われているので、一応軽く室内を掃除して退室しました。

最後はちょっと慌ただしかったですが、そんなこんなで結構大阪観光を満喫!?

暑いのは大変でしたが、天気予報を見た限りでは、私が大阪に滞在中の関東のほうが気温は高かったようなので、エアコンのない我が家にいるよりは確実にラクだっただろう(^^;)

ん~、エアコン最高。

(そんなオチか!)

ナニワ旅行記その2

朝から夕方まで結構がっつり実習が入っていたので、今回あんまりあちこちうろつけなかったのですが(汗

実習館のすぐ近くにステキな公園があったので、ちょっと朝早出してお散歩してみました(^^)

04 05 ←円形池。くるっとお花が取り囲んでますheart01

09 02 06 ←トイレもステキcoldsweats01

01 07 こんなケルティック(?)なオブジェがあったり。

03 草むらにくじらが潜んでいたり。

10 若干よく判らないオブジェもあったりしますが(^^;)

そのすぐ近くにあった喫茶室の名前が『エスメラルダ』なので、まあ、そういうイメージなのかな、と(笑

11

そこそこ広い公園で、ほかにも東屋っぽい場所や、柵のついた秘密の花園みたいな花壇などあって、相当楽しかったです!

この公園があるのは、豊中市と吹田市に跨る服部緑地の中。

服部緑地は大阪四大緑地のひとつなんだとか。

公園のほかにも植物園や乗馬センターなんかもあるようですので、お近くに行かれた際には、ぜひ立ち寄ってみてくださいねcarouselpony

ナニワ旅行記その1

……というワケで、7月下旬に約1週間ほど大阪にいたわけですが。

実習先の博物館へのアクセス関係で、今回天王寺駅近くを拠点に選びました。

んが、いつもお世話になっているじゃらん検索では手ごろなホテルが見つからず……。

最低でも4泊5日、できれば5泊したいなぁと思っていたこともあって、人生初のウィークリーマンション契約というものに今回チャレンジしてみました!happy02

 

天王寺駅から歩いて4分。

ワンルームだけど、そこそこ広くて、家具、寝具、洗濯機付き。ちゃんと1週間分の洗剤も置いてありましたtyphoon

事前に賃貸契約を結んで、しかも身元保証人が必要とか手続きはちょっと面倒ですが、キャンペーン価格で、低価格それなり品質のビジホよりちょっと安いくらいの金額で利用できたのはありがたかったですcat

……まあ、初日に湯船に溜めたお湯を流したら排水口から逆流したとか、洗濯機から出した洗濯物が黒い欠片(カビか!?)に塗れていたとか、いろいろオソロシイこともありましたが(^^;)

一番恐れていたヤツとの遭遇はなかったし、なによりエアコンのある生活はやっぱりラクだ~shineconfidentshine

 

鉄道も、奈良県に比べると乗り換えとかが判りやすい気がしました。

ただ……あべのハルカス(近鉄?)の地下街はラビリンス(^^;)

宿が阿倍野橋側だったので、JRの天王寺駅を出て阿倍野橋駅を通過して帰っていたのですが、これが何度通っても行きたい場所に行き着けない(汗

3日目くらいにやっと最短距離で通過できるルートが見つかったという……sweat01

物価も高かった気がするな~。

 

でもって。

実習の1、2日めは雨に祟られましたが、ほかはずっといいお天気で……というか、酷暑でした(^^;)

毎日結構ぐったりでしたが、いや、大阪に来たからには登らなきゃ!ってことで、夕方から一路通天閣へ。

……すみません、嘘です(^^;)

ワタクシ、「通天閣なんて、わざわざお金払って登らなくてもいいよ」くらいに思ってたのを実習で知り合った方に誘われ、おつき合いで訪ねた感じだったのですが……入ってみたらば、あら楽しい! 

景色はもちろん、エレベーターの中で通天閣の概要アナウンスが流れていたり、「新世界」と呼ばれて明治期に発展したその界隈の歴史を纏めた映像資料が見られたりと、意外にもしっかりした施設になっていました(失礼(^^;)

中でしか買えないオリジナルのお土産商品も品揃えが豊富だし、ちょっとした館内案内プレートなんかも、「大阪だね~」という感じのおもしろさhappy01

図らずも行ってみてよかったです!

個人的には展示品にもう少し詳しい説明書きがあるとさらによかったような気がしますが、ぷらっと見るだけでも楽しめると思います。

近くに行かれた際には、ぜひお立ち寄りください(笑

なにかいる……。

 

 

ベランダ側の網戸に……

 

Img_20150806_203929

こえぇぇぇぇぇ~~~~~~~~~~っっっ!!!!((゚゚дд゚゚ ))

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »