最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

針金入り

思いつきで始めてしまったワイヤークラフトですが……。

来る日も来る日も針金を曲げ曲げして、なんとなくこんなものがつくれるようになりました↓

Img_20141016_172733 Img_20141023_144251 Img_20141023_144303 Img_20141023_145238 Img_20141023_144733 Img_20141023_144810

一応アロマ石鹸なんぞを使うことで、アロマ検定の知識もむりやり活用してみたり(^^;)

ワイヤーと石鹸だけじゃ地味なので、新たにドライフラワー作りも勉強中……。

だがしかし、やればやるほど「あ、私ブキヨウだったんだっけ」と思い知る毎日down

野望達成への道のりは、まだまだ遙~か遠いなぁ。なんか遠いものばっかりで嫌んなってきちゃったなぁsnail

 

……でも負けないbearing

博物館探訪-東京大学総合研究博物館・小石川分館

所用で近くに行ったので、時間調整を兼ねて覗いてみた東大総合研究博物館の小石川分館

隣接する小石川植物園は有名ですが、こちらの博物館は「どっか時間潰せるとこないかな」とグーグル地図を見ていて偶然見つけたシロモノです(^^;)

無料だし、ホームページの展示案内とか見てもたいしたもの置いてなさそうな感じでしたので(すみませんcoldsweats01)さして期待せずに行ったのですが……。

入り口へ向かう途中の窓の造形や、入館してそのまままっすぐ行ったテラスの美しさで、すでにテンションup(笑)

テラスは、朱塗りの柱と、長押(?)に彫られた花の彫刻が、いかにも明治~!という感じで、いい味出しています。

また、置かれたベンチに座って小石川植物園の景色を眺められるというのがステキheart04 桜や紅葉の季節だったら、半日くらいボ~ッとできそうです(笑)

この建物、国の重要文化財にも指定されているそうで、中にはおそらく建築当初からのものであろう古い大柱が残されています。また、階段下の奥に無造作に置かれている湿度計付時計も、古い時代ならではの情緒あるデザインで美しいです。特に展示品というわけではなく普通に日用されてるっぽいあたりが、またcatface

そして階段をのぼって2階が、展示室エリア。

結構雑多(?)にいろんな資料がありましたが、建築模型の展示は素晴らしかった! 何がって、建築様式云々以前に、すでに模型自体が芸術品shineshine

紙の模型はよく見かけますが、木工模型は珍しいのではないかと思います。

またこれが、細かいところまで緻密につくり込んであるんですよ。レンガの表現とか、もう感動しちゃって溜息出ちゃいます(笑)

この木工模型、イタリア最高の木工職人と知られる故ジョヴァンニ・サッキとその工房で制作されたそうです。

私は当然サッキさんのお名前は初めて聞きますが(^^;)最高の木工職人、まさに!という感じです。結構じっくり齧りつきで拝見しちゃいました。

あと、個人的にものすごーくツボだったのが、廊下の壁際にひっそり展示されていた植物標本!

何がどうってことはないのですが、埃をかぶった標本壜の中に封じ込められた植物の根やら種やら、あとなんだかもうよく判らないものやらが、ずら~っと並んでいて圧巻!happy02

ラベルは英語だし学名だし(中には日本語のものもありましたが)、まったく説明フリップとかもナッシングなので、ちらほらいた来館者のほとんどが棚の前素通りなのですが、私はだいぶ長いことキラキラした目で堪能させていただきました。

標本って、いいよね~……catface

もうひとつの展示室には、パプアニューギニアの謎な仮面や、でっかい木造船などの展示があって、そこそこ楽しめます。

ただ、全体的に言えるのですが、解説がほぼ皆無なんですよね(^^;)

純粋に造形を楽しめというコンセプトなのかもしれませんが、もう少しなんか欲しいところ。ちょっとその点が残念です。

ところで、この展示室に入ったらぜひ見てほしいのが、右奥の窓の外。

太い蔓に絡まれた巨木が、なんだか密林テイストを醸していて、最高ですheart02 もしや絞め殺しの木か!?ってなくらいで、私は展示品よりもこの景色に一番興奮しましたupupup

 

そんなワケで、予想外に大変楽しめてしまった小石川分館。

無料ですので、小石川植物園に来られたついでにでも、ぜひ立ち寄ってみてください。

本当にサッキさんの木工模型は必見です!

 

でもって。

次の約束までに時間が余ってしまったので、ついでだから植物園にも足を運んでみちゃいました。

分館の庭先に植物園の出口はあるのですが、そこから入ることはできないので、延々と入り口まで歩かされー……入場料400円も取るくせに、温室は工事中で入れないし、池はいつ掃除したんだろうってなくらいの惨状だしで、ちょっとがっくりdown

花が咲いていないのは承知の上でしたが、温室に入れないのは……。入り口に注意書きでも置いておくとか(あったのに気づかなかったのかな?)、券売窓で一言注意喚起するとかあってもよかったんじゃないかと思います。

中も標識があったりなかったりで順路が判りづらいし、いろんな点で不親切。

でも順路が判りづらいせいで、途中山道か!みたいなところを上り下りできて、案外楽しかったんですけどね(^^;)

あと、園内にある柴田記念館も一応行ってみてください。

ここもちんまい資料室なのですが、パソコンでクイズゲームができるようになっています。

このクイズをやると……センチュウに詳しくなれますよ!(笑)

小石川植物園は都営三田線の白山駅からが近いみたいです。

ズーッと雨

雨降りだとビミョ~に調子が悪いハムスター体質のワタクシですが……。

都民の日だしな。都営の施設は入場料無料だしな。

とゆーワケで、多摩動物公園へ行ってまいりました(^^)

天気予報では昼頃には雨も上がるとか言ってたくせに、動物園に着いてからも結構たくさん降っていたので、とりあえず屋根のある展示場でお茶でも濁すかと向かった先は『昆虫生態園』(^^;)

入り口から一番近かったってだけで、虫嫌いの私はもちろん、過去に訪れたことはありませんshock

まあでも、たまには違う順路で回るのもいいだろうと入ってみたらば……。

あら、まあ、ステキshine

花の咲き乱れる温室の中に、無数の蝶が舞い踊り、なにやら楽園の様相ですよheart04

01_2 02 03

植物園も大好物のワタクシ、一気にテンション上がりました(笑

また、動物園で卵からたいせつに育てたというだけあって、ちょうちょ達の人懐こいこと!

立ち止まっていると、うっかり頭やら肩やらに留まられちゃいますcoldsweats02

中でもオオゴマダラという種類の蝶は、かなりサイズも大きくて、羽ばたく回数が少ないせいか大変飛び方が優雅で、楽園テイストupという感じshineshineshine

この蝶は蛹も展示してありましたが、金色でものすごく綺麗でした!

そのほかにも見たこともないような美しい蝶がいっぱいで、私もう1日ここにいてもいい!くらいの勢いでしたよ(笑

では暫しご堪能くだされ。↓

04 05 06 07 08

 

雨だし平日だしで、さほど園内混雑もしていなかったせいか、今日は動物達もみんな親切!

「この雨の中おまえも酔狂だな。ま、楽しんでけよ」みたいな顔をして、シマウマやらトラやらが柵のすぐ近くまで寄ってくる!happy02

間近で観ると超でかい!

09_2

象も丸太で遊んだり、仲間となにやら話し込んで(?)たり。

ターキンのオスは一所懸命メスにアピールしてるのにフラレっぱなしだし。

イヌワシなんかも、いつもは枝に留まったまま微動だにしないくせに、今日は羽を広げて別の枝に飛び移ったりと、こんなアクティブなところ初めて観たよ!

ユキヒョウちゃんも2頭で追いかけっこしているかと思えば、「いくらでも撮ってね」と言わんばかりのカメラ目線で、柵のすぐ近くでじっとしている子とか、ともかくサービス満点でしたhappy01

10

↑ユキちゃん、サービス中heart04

 

ただ……多摩動、山なだけに、かなり寒かったです(^^;)

いつもはじっくりまったり夕方まで遊び倒す私ですが、寒さに抗えず今日は早めにひけてきました。

でも、楽しかった~~~~っ!

多摩動物公園は毎年5/4、5と10/1が無料開放日ですので、みなさんも機会がありましたら、ぜひ遊びにいってみてくださいね!

『昆虫生態園』サイコー!!(笑

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »