最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ナ~ス、ナスナスナス、コレ、ナス♪♪ | トップページ | 嬉しい、美味しいvvvv »

博物館探訪-国立科学博物館「深海」

ここ暫くかかりきりになっていた事がとりあえず一段落ついたので、上野に行ってまいりました。

目指すは国立科学博物館の「深海」展!

いや~ん、会期終わっちゃう~~~

ワタクシ宇宙も大好物ですが、実は深海も大好きでして(^^;)

「ほう、今日は上野動物園無料公開なのかー」とちょっと心が揺れながらも、公園入口から右に曲がって一路科博へ。

……すっげーひとが並んでました

中に入るのに70分待ち!!?

行列に並ぶのがとことんキライな私は迷わず動物園へGO!(笑

とりあえず午前中は動物園を回って、午後にもっかい科博の様子を見にいくことにしました。

上野動物園は久しぶりかも。

白いふくろうが観たくて、まずは右方向に進路を取ったらば、なんかここでも行列しているぞ?

人垣の向こうから覗いてみたらば、パンダがこちらにケツ向けて、やる気なさそ~に寝そべってました(^^;)

ただツートンカラーの熊のくせに……とか心の中でちょっぴり悪態をついてたら、目の前にパォ~ンがっっ!!

ゾウが3頭並んでこっちを見ているという迫力に、ついつい足が吸い寄せられ……あれ、ふくろう見にいくの忘れちゃった

そして気づいたら西園に辿り着いていた私……。メインどころをすっ飛ばした感じですが、子ども動物園でヤギを触りまくり、小獣館でげっ歯類を堪能し、爬虫類館をぶらぶらして結構ご満悦でした(笑

 

でもって1時くらいに科博前へ戻る。

朝よりは行列が短くなっていたので、諦めて並びました。

これがー……チケットを買ってからも特別展の会場に入るのに長蛇の列ー。

実は私、この日日本館でやっている企画展も見たかったので、ひとまず列からはずれてそっちを先に観ることにしました。

 

企画展・教授を魅了した大地の結晶

  北川隆司 鉱物コレクション200選

タイトルの通りいろんな鉱物標本が観られる展示会です。

ワタクシ、実は石系も大好きでして(^^;)好きなもんばっかでスミマセン

いや、石ってさ、なんか時間とか環境とかいろんなものを自分の中に封じ込めていて、観ているだけで今いる場所とは異なる時空間へ行けてしまうというか……まあ単に美しいから好きなんですけど(笑

宝石も好きですが、原石の方がさらに好き。

今回展示されていた標本は、岩石の中に原石が埋まっているまさにそのままの状態でしたので、もうサイコーでした

本当はパンフレットを買ってきたかった……!

でも高かった(T_T)

そして私、『トレジャーストーン』全号持ってる(^^;)

 

そんなワケでなんだかんだで1時間くらい石を堪能してしまいました。

おっと、そろそろ「深海」の列に並ばねば、閉館までに観きれないかもしれないぜ。

だいぶ雨足の強くなった中、やっと今日メインの深海展へ向かいます。

 

特別展「深海」-挑戦の歩みと驚異の生きものたち-

……結論から言うと……私は動物園の方が楽しかったかな(^^;)

考えてみれば当たり前なんですが、深海生物をナマのまま展示できる筈もなく、ほとんど標本とパネルの展示プラスところどころに映像画面が設置されていましたが、前にディスカバリーかなんかで観たな~みたいな?目新しいものではなかったです。

そんでもって、ともかく混雑していた!!

なんだろう、やっぱりダイオウイカ効果なのか、なんと迷惑な(笑

混雑の原因は来場客の多さももちろんですが、館内写真撮影OKになってたんですよ。

それでいろんなところで携帯構えて写真を撮っているひとがいて、そこでひとの流れが止まる。そして撮影し終えた写真を確認するのに立ち止まるので、そこでも流れが止まる。

もちろん画像として残したい気持ちは判るんですが、……帰りにパンフレット買えよ。……と、ちょっと思ってしまいました(^^;)

でも会場内に設置されていた「しんかい6500」の模型は、私も撮影したかった!!(笑

「しんかい6500」ができたのって、もう結構前だったと思いますが、確か当時6000メートルが限界とか言われていて、初めて「しんかい6500」がそこを突破したんだったと……。テレビでそんなのを観て、なんか妙に感動したのを覚えてます。

6500を運ぶための母船のミニチュア模型もあったりして、またこれが精巧にできてるんだ!

正直、このふたつ観られただけでも私、今日来た甲斐があった(笑

 

そんなこんなで、深海は映像で観るのがいいな、と思った今回の展示でしたが、構成自体は深海の環境から始まって、生命の誕生や埋蔵エネルギーについてなど、「深海とはなにか?」を1から学べるとてもいい内容になっていたと思います。

個人的にはもう少しメタンハイドレードの採掘技術や今後の展望など知りたかったのですが、深海に興味を持つ導入口としては充分だったかと。

もちろんダイオウイカのでっかい標本も凄かったですよ!(^^)

あれは標本にするのが大変だったろうな~……。

 

「深海」展は10/6(日)まで。

もう本当に終了間際ですので、ご興味のある方はぜひ急いで行ってみてください。

ただし、混雑は覚悟してくださいね(^^;)

« ナ~ス、ナスナスナス、コレ、ナス♪♪ | トップページ | 嬉しい、美味しいvvvv »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

上野動物園ならコビトカバでしょうに。
あとミナミコアリクイとカピバラ。
そしてハダカデバネズミ。

パンダはなぁ、
和歌山に見にいきたいかもなぁ。

>もあさん

コビトカバとカピバラは観たよ!
ハダカデバネズミ……あの毛がないヤツかな??? 透明な管の中でツルツル滑ってたヤツらか???
 
和歌山って子パンダ生まれたとこだっけ?
あちきズーラシアに一度行ってみたい。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 博物館探訪-国立科学博物館「深海」:

« ナ~ス、ナスナスナス、コレ、ナス♪♪ | トップページ | 嬉しい、美味しいvvvv »