最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 宣伝! | トップページ | 博物館探訪-国立科学博物館「深海」 »

ナ~ス、ナスナスナス、コレ、ナス♪♪

お友達からナスを大量にいただきました。

長いの丸いのと何種類かまざっていたようなのですが、中にひとつ、めっちゃデカイのがあったので、ステーキ風にしてみました

<その1>

01_2 02

1、ナスを半分に切った片側だけを使用。中身をくりぬいて、サイコロ状に切る~。

2、たまねぎと獅子唐のみじん切りと1のナスにツナ缶を加えて、塩胡椒とトマトソース(スパゲティ用。ちょい甘め)でよく馴染むようにまぜる~。

3、2を中身をくりぬいたナスの中に詰め、ホイルに包んでフライパンに少々の水を入れ、蓋をして蒸し焼き。ナスの皮が柔らかくなるまでちょっと時間がかかるので、私は5分くらい火を入れた後は余熱で30分くらい放置しました(^^;)

4、ナスの皮が柔らかくなっていたらフライパンから取り出し、上にピザ用チーズをトッピングしてトースターで3分くらい焼いたらできあがり!

トマトソースがナスとツナによく合っていてウマ!! 中身全部はナスに詰められなかったので、余った分は翌日スパゲティにしましたv

<その2>

03 04

1、その1で使ったナスのもう片側を、やっぱりくりぬきます。

2、器にするナスの中にチーズを投入。今回は「十勝スマートチーズ」1片を割って使いました。その上に、市販の鶏肉つみれボールをぽんぽんと。どうせ潰しちゃうので、別に普通のひき肉に味付けしたものでもいいと思います。今回のつみれボールはゆず風味

3、フライパンにちょびっとオリーブ油をひき、お肉の面を下にしてナスを入れまーす。とろ火で蓋をし、10分くらい焼いたら、またまた火を止めて30分くらい放置(^^;)お肉が生なので、充分火が通るように注意が必要。

4、最後にもっかい中火で温めたら完成~! ナスの皮はちょっと硬めになっちゃいますが、それが逆に歯応えよくてこれもまたウマ

ちなみにくりぬいた中身の方は、後日みそ汁の具にでも……。

 

 

……つー感じで、ひたすらナスを食べ続けてまーす。

味噌炒めにしたりごま油とお酢で炒めたり塩麹に漬けたりピクルスにしたり……だんだんレパートリーが尽きてきました(^^;)

ちなみにたまねぎも山ほどいただいたので、今我が家はこの2種類の野菜のローテーションメニューになってます(笑

なんか新たな調理法を探求しなくては……!

« 宣伝! | トップページ | 博物館探訪-国立科学博物館「深海」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

中国では「速成鶏」の存在が社会問題になっている。
わずか40日~45日で3.5kgまで成長させて出荷するのだが、過剰にホルモン剤を与えて丸々と太らせるのだという。
日本では51日~55日程度で2.5kgほどになったら出荷するのが通常なので、中国の鶏がどれだけ大量のホルモン剤を与えられているのか想像がつく。
さらに、中国では身動きできないほど狭い不衛生なスペースで飼育されるため、鶏はすぐに病気になる。
そのため中国の養鶏家は平均して18種類もの抗生物質を与えているという。
そんな中国から加熱処理された鶏肉が、日本に21万5千トン(2012年)も輸入されている。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナ~ス、ナスナスナス、コレ、ナス♪♪:

« 宣伝! | トップページ | 博物館探訪-国立科学博物館「深海」 »