最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ほっとけ | トップページ | 前触れが欲しい…… »

博物館探訪-南極・北極科学館

以前から気にはなっていたのですが、イマイチどこにあるのだかよく判らなかった『南極・北極科学館』。

この度うっかり見つけちゃったので(笑)さっそく入ってみました。

こちらの科学館は、国立極地研究所なる組織が平成22年に創設した資料館のようです。

国立ってことは国がお金出してるんでしょうかね、蓮舫さんに整理されてしまいそうな来客数の少ない地味~な無料の資料館って、私大好きです(^^;)

この科学館も展示内容はそんなに多くないです。

昭和基地の歴史や、観測機器の模型(?)展示、ペンギンの剥製などが陳列されています。

正直、地味です(笑

でも岩石大好物の私は、顕微鏡に載せられた鉱物標本を見ただけでかなり大興奮!(笑笑

隕石の展示などもあって、地学系がお好きな方も楽しめる内容になっているかと思います。

あと、有名なタロ、ジロなどわんこ達の名前を、写真つきプロフィールで紹介しているコーナーもあります。

わんこの紹介文が結構おかしいです。

「温厚な性格。」「よく橇をひいた。」「ケンカっぱやかった。」「でも真面目に橇をひいた。」「体が小さかった。」「一生懸命橇をひいた。」……って、やっぱ重要なのはそこなんやね(笑

奥で座ってオーロラ映像を見られるドーム映写エリア(『オーロラシアター』?)を含めても、おそらく30分もあれば充分見て回れちゃいますが、一応施設の外にお弁当なども食べられる無料休憩エリアがあります。

科学館はどうやら研究施設らしき敷地の一画にあるのですが、敷地の内周に沿って雑草が鬱蒼としたお散歩コース(?)もあるようなので、お天気のいい日にぶらぶらと行くのもいいと思いますよ。

ちなみに、私は今回頭が痛くて(←頭痛持ち(汗)行かなかったのですが、敷地内に『国文学研究資料館』という古文書などを扱っている施設もあるようです。

こちらもご興味のある方は訪ねてみてはいかがでしょうか?

(私も次、元気な時に『国文学資料館』行ってやる!(≧ヘ≦)

« ほっとけ | トップページ | 前触れが欲しい…… »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 博物館探訪-南極・北極科学館:

« ほっとけ | トップページ | 前触れが欲しい…… »