最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

もう帰ってください(=_=)

社員が引き払った後の会社内。
ひとり黙々と仕事をする私の耳に、突如扉をガチャガチャと鳴らす音が響く。
時間は夜の10時過ぎ。
一応物騒なので扉には鍵をかけておいたのだ。
訪問者もそのことに気づいたらしく、今度はドアをノックし始める。
……こんな時間にいったい誰が……?
おそるおそる扉をあけると、そこに立っていたのは……5時間ほど前に会社を出たはずの社長だった。。。
しかも、へべれけgawk
「あれ、こんな時間まで仕事してるの〜?」とかなんとか言いながらふらふらと入ってきて、超ゴキゲンに私の肩など揉んだりしてくれている。
いや、肩もみは嬉しいけど、キーボード打てないから。
ってゆーか、こんな時間までまじめに仕事してる社員にじゃれつくのはやめてくださいannoy
別に私趣味で残業してるワケじゃないからっ!
こんな事態に私を追いやってるのはアナタだからっ!!
もう、忙しいんだから早く帰って〜〜〜〜っ!!!crying

トルテローニとズッキーニの塩コショウ炒め

この間トマトソースでいただいたトルテローニですが、塩コショウでも美味いのではないかと思い、つくってみました。

1.塩ひと摘まみを入れたお湯でトルテローニを茹でる。

2.ズッキーニ(大)1/2本をくし切りにし、オリーブ油をひいたフライパンで炒める。この間は半円形に切ったのですが、せっかくの緑色が見えなくなっちゃって(汗)できあがりの色合いがあまりよろしくなかったので、今回はくし切りにしてみました(^^;)

3.最近歯の弱ってきた老ハムの餌に買っておいた(^^;)ミックス野菜(グリーンピース、コーン、にんじん。ちなみにうちのハムはグリーンピースが一番お好きなご様子(笑)もいっしょに炒める。トリガラ粉末少々と黒コショウをたっぷりかけ、火を通す。

4.3.のフライパンに茹だったトルテローニを投入。さらに黒コショウと白ワインを入れてさっと混ぜ合わせ、お皿に盛る。

5.たっぷりレモン汁を搾って、いっただっきま~~~すv

07190001_ed 07190003_ed

う~ん、美味い。

やっぱ、これが美味いのよ、きっと(しつこいけど)↓

メディテラーナ トルテローニ リッコタチーズ&ホウレンソウ 250g 原産国:イタリア メディテラーナ トルテローニ リッコタチーズ&ホウレンソウ 250g 原産国:イタリア
販売元:ワールドキッチン
ワールドキッチンで詳細を確認する

ジャガイモとトルテローニのトマトソース炒め

ここ最近ずっとスーパーの売れ残り半額弁当でエンゲル係数を下げてきた私ですが、なんだか急に料理したくなりました。

ってか、単に2週間前に買ったトマトとナスと貰い物のジャガイモが、冷蔵庫の中でシオシオになっているのをなんとかせねばならなかったというだけなのですが(^^;)

とりあえず、モチベーションを上げる為に(笑)近所の変な輸入食品(?)を扱っているお店へGO! トルテローニという、中にリコッタチーズとホウレンソウの入ったパスタと、トマトソースをご購入。

さあ、どうやって喰うべ?

1.沸騰したお湯の中に、ジャガイモ(大1)を6~8等分にしたものとトルテローニを入れて茹でる。

2.その間に、ナス(普通のを1本)、トマト(中1)をくし切りにしたものと、ズッキーニ(1/2本)を適当な厚さの半円形にカットしたものをフライパンに投入。オリーブ油、黒胡椒、鳥ガラスープの素(共に適量)で炒める。

3.茹だったパスタとジャガイモを、よく水切りをしてから2.のフライパンに投げ込む。トマトソース(ピューレ?)たっぷりとバジル少々を、具とよく絡ませる。私はちょっぴり辛いのがいいので、小唐辛子のピクルスを5~6個入れました。

Tortelloni Tortelloni03

美味いです(^^)

たぶんこのパスタ自体が美味いのではないかと。

メディテラーナ トルテローニ リッコタチーズ&ホウレンソウ 250g 原産国:イタリア メディテラーナ トルテローニ リッコタチーズ&ホウレンソウ 250g 原産国:イタリア
販売元:ワールドキッチン
ワールドキッチンで詳細を確認する

いっぱいできちゃったので、翌日ちょっと味つけを変えてみました。

レタスの外側の葉っぱ(ちょっと硬くてしんなりしてるやつですね)をざく切りにして足し、トマトソース(追加)とマヨネーズを適当に、バルサミコ酢をたっぷり加えました。

ん~、これも美味い!

酸っぱくてさっぱりいただけました。

バルサミコ酢がなければ、レモン酢でも大丈夫だと思います。ワインがあれば入れると風味がよくなるかと(^^)

簡単につくれてお腹にもたまりますので、機会があったらぜひお試しくださいませ。

梅雨時はカビるのよ……

自分で言うのもなんだけど、私は好きなことに関しては結構努力家だと思う。

絵も文章も、才能のあるひとに比べるとかなり低レベルからのスタートだったけど、それ系のノウハウ本やうまいひとからのアドバイスで理論も勉強したし、あとは描いて書いて自分が納得できるまでやって、なんとか普通の素人さんよりはうまいかな程度のところまではこれたと思う。

でも、実はその程度のひとなんて掃いて捨てるほど世の中にはいるんだよね(^^;)

ツールはうまく使えて当たり前+αがないと、お金にはならない。

私はたぶん、その+αが欠けているのだろう。

むしろツールなんかヘタクソでも、表現したいモチーフがはっきりしていて内から情熱が溢れ出ているようなひとの方が心を打つものをつくれるのかもしれない。

私は中身すっからかん。

これはもうずっと前から目の前に立ちはだかっている壁だ。

目を閉じれば嫌なものは見えなくなるけど、存在自体がなくなるわけじゃない。

忘れていたけど、目を開ければ相変わらず壁は目の前に佇立している。

何度も自問していながら、いつまで経っても答えられない問い。

 

――これって無為な人生なんじゃないの?

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »