最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« やっぱり王様の耳はロバの耳 | トップページ | だって最終回なんだもんっ! »

パラボリカ・ビス――ヴィクトリアン・ツインズ 恋月姫人形展

殺風景な部屋の中

 黒い繭に包まれた 物言わぬ少女たち――……

 

VICTORIAN TWINS  恋月姫・人形展

 

……とゆー事で、またしてもパラボリカ・ビスに小金を落としてきちゃいました(^^;)

そして今度もお人形。

今回は……実はどちらかと言うと早く家帰って寝た方がいいんじゃないかってくらい疲弊してるけど今日行っとかないと開催終わっちゃうしなぁと思ってむりやり訪れたせいか、あるいは意外に客の出入りが多くて一人でまったり鑑賞できなかった為か、はたまたあまりにも展示法がシンプルだったからなのか(^^;)前回の清水真理さん展ほどの感銘は正直受けませんでした(汗

ただ……この展示法、私は最初と最後でかなり大きく、受けた印象が違っています。

今回の人形展は、本当に人形を見せる事だけにスポットが当たっているという感じで、清水さんの展示の時のような余計なオブジェなどはなかったです。

薄暗い照明の中、左右の壁際にお人形がそれぞれ5~6体でしょうか、並んでいます。

いずれも人形の頭上から下げられたテントのようなもの――黒をベースに赤もしくは白の布を交ぜたヴェールに覆われ、サイズも普通のお人形サイズなので、しゃがんで覗き込まないと顔がよく見えません。

実際、私が展示室に入った時にも二人の女性客がお人形の足許にしゃがみ込んでいました。

テントの後ろの壁にはいくつもの鏡。

そして部屋の最奥に、ツインズのお人形が3組。

ベンチに座った子たち、柩で眠る子たち、スポットライトを浴びて佇む子たち。

なんですが……柩の子とスポットライトの子、よく見ようと思って近づくとスポットライトを遮るかたちになり、ちょうど自分の影がお人形にかかってしまう。

一歩退いて斜めの場所に立たないとダメなんです。

このライトについては、しゃがみ込んでお人形を見上げた時に背後の壁の鏡で反射した光が目に入ったりもして、正直「この展示ダメだな」と思いました。

ところが……。

この展示室は奥行きのある長方形をしていて、前回の清水さんの展示の時に部屋の入口に立って部屋全体を眺めたらかなりいい感じだったのを思い出し、今回も試してみたのですよ。

すると、徐々にそれまでとは違う世界が見えてきました。

徐々に――今回の展示、ここが曲者なのですよ(^^;)

清水さん展の時のような、一目見た瞬間に「うわぁ」っていうのは、ない。一見ただの陳列なんです。が、しばらくぼ~っと眺めているうちに、和紙に落とした水滴が滲んで広がっていくかのように、じわじわと独特な世界が開けていくんです。

まず、このお人形たち、遠くから見る方が味わい深い。

恋月さんのお人形、本当に顔が美形なので、近づいてじっくり見るのももちろんいいのですが、引きで見てみると……最初見づらいなぁと邪魔に思えた黒のヴェール越しにぼんやりと透けて見える横顔がなんとも言えず美しい。

また、立ったまま見下ろすと、実は壁に貼りつけられた鏡に対面のお人形が二重三重に映り込んだりしていて、それがとても幻想的。

特に入って左側の壁際、柩の奥に飾られた黒いドレスを着た方の子ですが、斜めの位置に立って見ると、対面にあるピンクのドレスを着た子が背後の鏡に投影されて、非常にいい対比が見られます。

鬱陶しいと思えたライトも、場所によっては鏡に何重にも重なって映り、まるで花のようでした。

ともかく、場所を変え、目線を変えして見るほどにおもしろさの判る展示。

まさに妖しい万華鏡――。

そういう意味では充分楽しめる内容でした。

惜しむらくは、展示品の数が少なく1部屋のみの展示だったこと(だから客が分散されずに一人で見られる時間を得られなかったのかも(^^;)。

また、昼間は近所の工事の音がかーなーり、耳障りです。

なにかBGMを流すなりしてもよかったのではないかと思います。

あと、……これはひとによって感じ方は違うと思いますが、なまじ人形が綺麗なだけに、展示室が殺風景で人形だけが並べられているその様子が、なんか人身売買っぽく見えちゃいました(汗

 

恋月姫さんの人形展は4/26(日)まで開催されています。

ご興味を持たれた方は、ぜひパラボリカ・ビスまで足をお運びくださいませ。

 

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2009/04/4_1.html

 

余談ですが、この間見た清水さんのお人形のポストカードが出たとHPで知ったので、私をあんなにもドキドキさせた魔法使い(?)少女のカードを買って帰ろうかとショップに寄ってみました。

カードで見たら……ただのお人形でした(^^;)

いやー、やっぱり実物を見るのって大切なんだなー。

なんて事をしみじみ考えながら電車のホームに着いた途端、ここ数日ずっと悩まされている咳の発作が……!

これ、一度出だすとなかなか止まらなくて、脳みそに酸素行かなくなるわ鼻水出てくるわで、ほとんど喘息!?ってくらいなんですが……そう言えば、パラボリカ・ビスにいた間は一度も咳き込まなかったな。結構長い時間いたのに……。

ちょっとフシギ。。。。

« やっぱり王様の耳はロバの耳 | トップページ | だって最終回なんだもんっ! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パラボリカ・ビス――ヴィクトリアン・ツインズ 恋月姫人形展:

« やっぱり王様の耳はロバの耳 | トップページ | だって最終回なんだもんっ! »