最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 治療(BlogPet) | トップページ | 浦島太郎ってば、やるせない。。。 »

オレ様レシピ特集

なんかちゃらっと先週更新をサボっているので、今週は、以前に試してみてそのままブログに載せるのを忘れて(怠って?)いた変なお料理レシピをいくつかご紹介してお茶を濁すことに致しましょう。。。

 

ナゾの食材再び――『むかご』

 

前回のもみ菜に続いて、またしてもナゾな食材を入手してしまいました。

『むかご』。

なんか茶色っぽくてころころした硬い野菜……なのか??
実家に寄った時に持たされたのですが、その前に、母が知り合いの家でイナゴの佃煮を出されたとかハチの子は案外美味いとかいう話をしていたもので、私の脳内では

むかご=ムカデ+イナゴ

みたいなイヤ~な変換がなされておりまして(^^;)

でもいつまで冷蔵庫の中に転がしておいてもしかたないので、なんか食べ方を考えてみました。

と言っても、実は実家でご飯に炊き込んだものを食べてはいるので、なんとなく味の予想はついています。
ちょっと豆っぽい?
冷蔵庫の中身をざーっと見回し……あら、そう言えばこの味噌って、そろそろ買ってから半年以上経ってない?
そしてむかごと一緒に渡された大根葉(って、要するにもみ菜のちょっと育った版か?)も溢れていることだし、一緒くたにして味噌で炒めてみるか。

ってことで。

1)大根葉を水で洗い、食べやすい大きさにカット。
2)冷凍庫で見つけた豚ロース肉を半解凍して、これまた適当な大きさにカット。
3)むかごは丸ごと水でちゃーっと洗う。
4)フライパンにむかごと豚肉を投入。テフロン加工なので特に油は敷きませんでした。
5)4)に充分火が通った頃に、味噌(ちょっとお湯で溶く)・みりん・料理酒・唐辛子で味つけ。私は唐辛子多めが好きです。
6)なんか入れたら美味しそうな気がしたので、しょうがを短冊切りしたものもちょっとまぜてみる。
7)最後に大根葉の茎だけ投入。軽くまぜて、少しの間蓋をして蒸らす。大根葉の茎がしんなりしたところへ葉っぱの部分を追加。葉の色が変わったら完成でよろしいかと。

Mukago01 Mukago02

これ、予想以上に美味です!
むかごのねっとりした食感が味噌とベストマッチvvv(←火の通りが甘いと、ねっとりしないもよう。)
これは久々に自信を持って「お試しください」と言えまする~☆

ところで……結局むかごってなんなんだ?って思って調べてみたら、どうやらとろろ芋の小っこいものみたいです。
八百屋さんでたまに見かけますが、結構お高いかも(^^;)

 

<温豆腐>

これはどっかで見たレシピをオレ様流にアレンジしたものです。
(……ってゆーか、基本的に我が家、食材や調味料のストックに乏しいのでレシピ通りにつくれないだけであった(汗)

1)鍋に水(200mlくらい)・ダシの素(適量)を入れて煮立てる。
2)絹ごし豆腐と小松菜を食べやすい大きさにカット。
3)鍋が煮立ったら、しょうゆ(少々)・料理酒(適量。私は心持ち多めにしました)・片栗粉を水で溶いたもの(大さじ1~2くらい。お好みでよろしいかと)で味を調え、2)をぶち込む。
  ※まぜると豆腐が崩れちゃうので、うまく汁に浸かるように並べませう。小松菜は豆腐の上に適当に置いとけば勝手にしんなりしてくれます。
4)香りつけにゆずの皮をぱらぱらと。
5)一煮立ちさせたらできあが~り♪

Toufu01

や、これ、マジ美味いっすvvv
これまた自信を持ってお勧めできます。
つくるのも簡単だし(^^)
私は食べる時におろししょうがを載せてみました。これがまたまいう~vvvv
って、まあ、単に私がしょうが好きだからということもあるかもしれませんが(汗汗

Toufu02_2

たぶん小松菜なしでもイケると思うので、お豆腐2丁で80円!とかいう値段につられて買っちゃって持て余しちゃった時には(笑)ぜひ一度お試しあれ!

 

 

一夜干イカ祭り

……えーと……たぶんレトルト食品ばかり喰っていると思っているのか、度々実家からナゾの食材が持ち込まれてくるのですが……イカが……。
「日もちするから」言われましたが、するのか??
そして日を同じくして持ち込まれた塩ワカメと青首大根と芋とかぼちゃ。さんまの干物も来ちゃったよ。
「日もちするから」言われましたが……するの???(汗汗

ってことで、とりあえずイカを消費しよう。

イカの包装紙にはバター焼にしてもちょっと炙って醤油をつけて食べても美味しいよ!とか書かれてますが、何が問題って――私、イカあまり好きではないのだー(´Д`;)
でもせっかくいただいた栄養源、しっかりちゃっかり身にしましょう。。。

<イカとワカメの煮物>

ゲソだよ。
このゲソ!
好きじゃないのだ。イカのもタコのもー。
焼くと硬いしさ。(←焼きすぎ?)

ってワケで、煮てみることにした。

1)イカ本体からゲソ分離。さらに食べやすい大きさにカット。
2)イカの煮物と言ったら大根? 青首だけど……まあ、いいか。上の方の青い部分を適当な厚さに切る。
3)ついでにワカメも行っとこう。塩を洗い落として細長くカット。
4)鍋に水・ダシの素・醤油・みりんを入れて煮立てる。
5)2)と3)だけ先に鍋に入れ、大根が軟らかくなるまで煮込む。
6)梅干入れちゃおうかな……と思いつき、梅干1個の果肉を適当に細かく刻む。
7)大根が軟らかくなったら、1)と6)を放り込み、ゲソが生っぽくなくなったら火からおろす。
  ※あんまり煮込むとゲソ、硬くなりそう。

Geso

……結構イケます。
ゲソもそんなに硬くなく、ぷりぷりっといただけました。
ちょっとワカメの塩抜きが不充分だったようで(^^;)しょっぱ。。。
後から母に「塩ワカメは洗い流すだけでなく水に浸けなきゃダメ」と教えられました。……こうしてひとはオトナになっていくのだ。。。

 

<イカとじゃがいものマヨネーズ焼>

ネットでイカの喰い方を調べていたら、マヨネーズをかけてオーブンで焼く、というレシピがありました。
簡単そうなのでチャレーンジ!
ついでにじゃがいもも消費しちゃえ。

1)じゃがいもを薄くスライスし、ビニール袋に入れてレンジでチン! 鍋で煮る派の方は、普通に茹でてくだされ。
2)イカを適当な太さにカットし、表面に×の切込みを入れる。ざるに並べて上からササッと熱湯をかける。(そうしろとネットに書いてあった。理由は判らない。臭みが取れるのかな?)
3)アルミホイルの上に1)のじゃがいもを並べる。
4)3)の上に、明太子パスタの素を振りかける。本当は生明太子を載せたいところだが、私にとってはヤツは高級食材の仲間なので、100均で買ってきたふりかけで我慢なのだ。
5)4)の上に2)のイカを伸ばして並べる。イカの上にも明太子ふりかけを少々。
6)5)の上にマヨネーズをうにうにっとS時カーブを描きながらかける。
7)レンジのトースターグリルでマヨネーズにちょっと焦げ目がつくまで焼く。

Ikajaga

お、これ、んま~いv

で、つけ合わせにかぼちゃとワカメの温野菜風もつくってみた。

1)かぼちゃを適当な大きさに切り、ビニール袋に入れてやっぱりレンジでチン!
2)塩ワカメ(前回の残りなので、塩抜きが不完全なもの)をボウルに入れて、お湯で少し温める。
3)1)と2)を皿に盛り、大根おろしをまぶす。ワカメの塩気があるので、特に味つけをしなくても美味しくいただけましたv

Ikakabo

 

<イカとじゃがいもの炒め物>

よし、これでイカ最後だ!(>_<)

1)じゃがいもを薄くスライスし、ビニール袋に入れてレンジでチン!(こればっかや(汗)
2)冷凍庫で半年くらい凍結させられていたブロッコリーもレンジでチン。
3)1)は短冊切り、2)は適当な大きさにカット。
4)イカを適当な太さにカットし、表面に×の切込みを入れる。
5)フライパンを温め、オリーブ油を少々。3)4)と、ついでにやはり冷凍庫に残っていたカット野菜(コーン、にんじん、グリーンピース)を投入。
6)あ、ワカメ使わなきゃ。今回はしっかり塩抜きをしたワカメを細く切って5)に投入。
7)ハーブのまざった塩で味つけ。鷹の爪があれば入れると美味いと思います。うちにはないので、代わりに『こーれーぐぅーす』で辛味を足しました。
8)別になくてもいいけど、やっぱりなんかしょうがを入れたい気分。。。後でスライスにんにくを載せる予定なので、控えめにちょろっとしょうがを混入させてみる。
9)イカに火が通ったらフライパンからおろして皿に盛り、食べる直前に乾燥させたスライスにんにくを上からぱらつかせて完成です。

Ika01 Ika02

おっ、これも美味いですな。
あっさり塩味がいい感じです。
辛味の強いのがお好きな方は唐辛子を上から振りかけてもいいかなー。
まるで紫のバラのひとめいた秘めやかさで味をサポートしているしょうががまたGOOD(笑

 

――ってことで、とりあえず冷蔵庫の生鮮食品棚が少しあきました。
……あっ! さんまの干物忘れてた……。
干物って……何日くらいもつものなんだろう。。。。

« 治療(BlogPet) | トップページ | 浦島太郎ってば、やるせない。。。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/180345/9304461

この記事へのトラックバック一覧です: オレ様レシピ特集:

« 治療(BlogPet) | トップページ | 浦島太郎ってば、やるせない。。。 »