最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 博物館探訪―江戸東京博物館 | トップページ | 仕事も選挙しなかったよ(BlogPet) »

預言されてみました。

預言——それは、神がしもべに与える啓示。

 

そんなありがた〜い神様のお言葉を気軽に聞けるという噂のお店に行ってまいりました。

その名もズバリ『預言カフェ』。

東西線の早稲田駅出口1番から出て、数分歩いたところにそれはありました。
ぱっと見フツーの喫茶店です。
2〜3人が座れるテーブルが6組くらい置いてあるこぢんまりとしたスペースは、照明も明るく、壁には可愛いお花のリースが飾られています。
私が訪れたときには、ほとんどの席が埋まっているほど繁盛していました。
それを3人の女性店員さんでまわしているもよう。
これは待つようかな、と危惧しつつドアの前に立つ私。
だがしかし!
自動ドアは開かず。。。
マットの上で飛んだり跳ねたりしてみるものの、微動だにしないよ。
ドアの上についたセンサーに向かって手を振っても、完璧無視だよ。
——む、これは歓迎されていないのか!?
と不安になった頃、お店のひとが気づいて戸口までやってきた。

(ガラガラガラ……)
店員さん「すみません、今いっぱいなので、少し外でお待ちください」
(ガラガラガラ……ぱたん)

……手動なのか。

まあ、そんなこんなで席が空くまで待つことに。
今回同行してくれたのは、占い好きのKAちゃん。
二人でお店の外に用意された待合い席に並んで座り、ドキドキしながら順番が来るのを待つ。

このお店、やはりものが預言なだけに、キリスト教会がベースにあるようです。待合い席の前に置かれた小卓の上には、教会発行のミニブックが……。
私「……なんか私達、売り子みたいだね」
KA「うん。よく駅前とかで自作の本を持って立ってるひとみたい」
そんな会話を交わしている間に、帰途に就くのであろう何人かのお客さんが店内から出てくる。

(ガラガラガラ……)
店員さん「お待たせしました。どうぞ」

ああっ、ついに来た!
いざ入らん、神秘の空間へ!

……なんてほどの気負いもなく、入り口付近のテーブルに着く二人。
お店のメニューは数種類のコーヒーとクッキーのみ。
とりあえず私達はフルーティーな香り(?)のコーヒーを注文しました。

ここで忘れてならないのはこの一言。

「預言お願いします」

そうです、これです。
これを言わなきゃいかん。

店員さんは「心得た」とばかりににっこり笑うと、ほどなくコーヒーを持って戻ってきました。
でもすぐには預言は始まらない様子。
店内はまだお客さんがいっぱいだし。
預言も順番待ちなのだろう。

でもってコーヒー、美味しいです。
あまり得意ではない私でも、後味に顔をしかめることなく飲めました。
あっさりしてまろやか〜な感じ?
カウンターの中からはコーヒー豆をガリガリやる音が響いているし、やっぱり挽きたては美味いのか。

さて、KAちゃんとまったりコーヒーを賞味していると、つつ、ついに!

「お待たせいたしました」

預言師さん登場!
……って、あら、さっきコーヒー持ってきてくれたお姉さんだわ。どうやら預言師さんはなんでもやるらしい。

預言師さんは私達のテーブルに簡易椅子を持ってきて座ると、おもむろにテープレコーダを取り出す。噂には聞いていたけど、預言内容をテープに録音して渡してくれるらしい。
とりあえず私の方から先に預言してもらうことにしました。
占いとは違い、預言にはあまり個人的な情報は必要ないようで、私が訊かれたのは名前だけです。
もっとも、他のお客さんにも声は筒抜けというかなりフランクな状態でやってますので、あまり個人情報を尋ねられても困っちゃうしね。

預言の内容は……結構きたかな(^^;)
預言師さんは立て板に水とひたすら話し続けるのですが、内容は基本的にとても抽象的なので、自分が今いる状況をしっかり把握して言葉に反映させながら聞くのがミソかと。
私の場合は目の前にある扉が開くとか閉じるとか……って、どっちやねん!? 閉じる扉もあり開く扉もあるのか? それとも外国の銀行の二重扉のように、一枚ずつ確実に閉めないと次の扉が開かない仕組みなのか?? っていうか、どの扉が閉じてどの扉が開くのだ? 中途半端に開けてみた扉から洩れる微かな光に縋って生きているような今の私、そこ重要なんですけど。試しに全部閉じてみるか???
なんて葛藤をしたりもしましたが、要所々々に励ましの言葉も入っていたりして、なんかちょっと「頑張ろう」という気にもなれました。
ほら、今の世の中、なかなか他人さまに励ましてもらえることってないじゃん?(^^;)たまに励まされると嬉しいもんなんだよ(笑

KAちゃんの方は名前も訊かれることなく預言開始。うーん、このへんも個人差があるのかー。
預言内容も当然のごとく私とはまるで違っていて、しかも今の彼女の現状と考えあわせると結構はまっている部分も。。。預言、侮りがたし!

 

というワケで、特にキリスト教への入信を迫られることもなく、預言の入ったテープをいただいて家路に就いた私達。なんだかちょっとお互いに、「あー……やることやんなきゃなー……」と追いつめられ……いやいや、神妙な気持ちになっていました。

まあ、捉え方は千差万別でしょうけど、コーヒー代400円(最安値のものは300円だったかな?)で神様のありがた〜いお言葉を聞けるとしたら、体験してみるのも一興でしょ?

預言CAFE

Yogencafe

 

 

帰宅後、さっそく貰ったテープを聞いてみようとした私。
ところが、なな、なんと……!

 

 

うちにはテープレコーダーがなかったのだった。。。。。

 

 

……もし万が一まかり間違って冬にボーナスが出たらオーディオ買おう……(ふぅ)。  ←そんなオチかよ

« 博物館探訪―江戸東京博物館 | トップページ | 仕事も選挙しなかったよ(BlogPet) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とりあえず、変な宗教とか自己啓発セミナーとかには気をつけてくれ。状況が悪くて心が弱ってくると、平常時では回避するはずのものに「光」を見出した気がしてしまうことがあったりするので。

関係ないが、洗濯機が壊れた。来週土曜から旅行なので、今日はたっぷり洗わなくてはいけなかったのに、洗濯ができん。弱った。

今日洗えなかった洗濯物よりも、旅行から帰ってきてから洗えない洗濯物の方が心配でないか?(^^;)
そういや冷蔵庫も牛乳冷えないんじゃなかったっけ?
家電まとめ買いだね。。。

洗濯機は、排水時に水が溢れ出し大洪水になり階下の住人から怒られたのだが、調べたところ、たんに古くなった排水ホースが割れていただけだったことが判明したので、新しいホースに付け替えて問題解決!

ちなみに、買い替えも覚悟して調べたところ、そもそも最近の洗濯機はサイズ的にうちの洗濯機スペースにほとんど入らないことが判明。本当に壊れたときはどうすりゃ委員会。

冷蔵庫はなぁ、マジで来年の夏はやばそうだから、冬のうちに買い換えようかと思う。冬なら、置き換えの間、なかのものを出しておいてもそう簡単にはいたまないだろうし。それに、いつまで会社があるかわからんから、定収入があるうちに必要なものは買っておかんとという気にもなってる。

問題は、どうやって古い冷蔵庫を部屋から出し、新しいものを入れるか、なのだな。ワインがたんまり入ったセラーが通路をふさいでいて、狭すぎるのだよ。むぅ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 預言されてみました。:

« 博物館探訪―江戸東京博物館 | トップページ | 仕事も選挙しなかったよ(BlogPet) »