最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« きのうは旅しなかった(BlogPet) | トップページ | 預言されてみました。 »

博物館探訪―江戸東京博物館

私の大好きな博物館のひとつです。
『江戸東京博物館』。
初めて訪れた時、建物の中にでっかい橋がかかっていることにえらくびっくりしたものでした。

01_20 02_17

この博物館の最大の魅力は、ともかく展示されている模型が精巧であること、そしてかなり大掛かりなものもあって、バーチャル体験できるという点にあると思います。
大人はもちろん、子供さんも大喜び(?)
あんまりしゃっちょこばってお勉強するつもりで行かなくてもいいかなーという感じです。

03_2 05

とは言え、博物館ですので啓蒙要素もたっぷりあります。
私が行った時には、常設展内に企画展示として『太田道灌』特集コーナーが設けられていました。
勉強不足のワタクシ、太田道灌ってダレ??という感じだったのですが、そんなひとでも大丈夫!
ちゃんといつの時代になんの分野で活躍したひとなのかの説明から、自筆の書や、彼の足跡を絵で表現したものなどが順序よく陳列されていました。

この博物館、時間の流れというのをとても大事にしているようなんですよね。
今回の『太田道灌』コーナーにしてもそうなのですが、博物館のコンセプト自体が『(首都)江戸から東京への変遷を見せる』というものなので、たぶん学芸員さんもそのへんを意識して企画を立ててるんだろうなぁと思います。
江戸時代の武士や町人の生活様式を、家の模型や手で触れられるこまごまとした展示品で体感したそのままの流れで、昭和の戦時中の展示コーナーに辿り着くと、他では味わえない、なんとも言えない感慨深さがありました。

06_2 07_2 08_3

あと、今回初めて知ったのですが、1階と地下1階に映像資料を見られる場所がありまして、なんと無料で利用できるようになっています。
1階の方はシアター形式で、数種類の映像を1日のうちの決まった時間に順番に流しています。
クイズ形式のものもあるようで、椅子の肘掛けに応答用のボタンがついていました。
また、地下の施設は個室がいくつか用意されていて、自分で見たい映像を入口で選ぶと、窓口のお姉さんが「○○番のブースへどうぞ」と案内してくれます。
各地の民俗芸能や伝記など、貴重な映像資料も揃っているようです。
近隣にお住まいの方はふらっと映像資料だけ見に来られていいなぁ~。

11

ただ難点をあげるとすれば、常設展の入口が6階にあるので、そこまでエスカレーターでのぼらなければならず……そして5階から見たいなーと思っても、ダイレクトに5階フロアには入れません。
今回、1階のシアターで見たいものがあったので、6階を見て回ったあと急いで1階までエレベーターで降り、その後また5階の展示を見に戻った私としては、5階からも入れてほしいな……と思いました。
あと、博物館建物前のムダなほどに広いスペースは、なんだか威圧感を覚えてしまって私は嫌かなぁ。
ビックサイトの入場口ばりにだだっ広くて、しかも天井がぐぐっと前に張り出しているのが、なにか不安感を煽るのだろうか。。。

まあ、それも見学後にはすっかり忘れてしまえるほど楽しい博物館ですので、機会がありましたらぜひ足をお運びくださいませ。

江戸東京博物館

http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

↓こんなものも展示されている。

10_2 09_3 04_3

« きのうは旅しなかった(BlogPet) | トップページ | 預言されてみました。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 博物館探訪―江戸東京博物館:

« きのうは旅しなかった(BlogPet) | トップページ | 預言されてみました。 »